阪神の糸井嘉男選手。

パリーグ、オリックスからセリーグの阪神へ移籍しましたね。

現在までは期待通り、いやそれ以上の活躍ですね。

さすが超人、糸井選手ですね。

今日は糸井選手について紹介していきましょう。

〇プロフィール〇

糸井 嘉男(いとい よしお)

出身地 京都府与謝郡与謝野町

生年月日 1981年7月31日(35歳)

身長187cm 体重88kg

右投右打

スポンサーリンク

実は韓国人?

糸井選手って京都府出身でしたよね。

韓国籍だったのか?噂を探ってみました。

お母さんが日本人で、お父さんが在日韓国人という。

ただし、この情報はネット上の噂で本当ではなさそうです。

朴秀さんという本名があるとかないとか。

少し見た目からそう判断されているような気がしますね。

結論としては、

国籍は日本で間違いないとだけ言っておきましょう。

とりあえず筋肉がヤバい。

TVで見ていたらそうでもないと思っている人いるでしょ?

もう実物を見るとすごいですよ。

塊。筋肉の塊ですwww

胸筋、上腕が恐ろしいくらい発達していますね。

元々投手だった糸井選手、野手に転向してから本格的にウエイトトレーニングを始めたそうです。

それから一気に肉体が変わったんですね。

トレーニングもストイックで他の選手が帰って休憩する場合でも、

帰ってトレーニングするんだとか。

プロ野球選手の中でですからね。ストイックですねー

オフはめちゃくちゃ走り込むようで、胃から口が出るほどとのことwww

どういうことだwww

倒れるまで走るってことでしょうね。

走るのは大事なことなんですね。

スポンサーリンク

結婚しているの?嫁は誰?

糸井選手は結婚しています。

気になるお相手は一般人の佐藤恵美さんというかたみたいです。

2005年に結婚したようで子どもさんも2人いるそうです。

それ以外は情報ないようですね。

お相手は一般人の人ですし、プライベートについては

そっとしておいてほしいのかもしれませんね。

年俸や糸井伝説がある?

糸井選手、年俸はどれくらいんなんでしょうか?

FAした際には4年18億円との報道がありますね。

1年4億5千万円ですか。

すごい金額ですね。野手の中でもトップクラスではないでしょうか。

ただし、FA初年度は上限が去年の年俸となっていますので、

2017年は2億8,000万円となっています。

それでもすごいですがwww

糸井選手の走・攻・守を考えると妥当の金額ではないかと思います。

糸井選手はすごい身体能力、超人的ですが、実は天然というお茶目な一面もあります。

それが糸井伝説と呼ばれているようですね。

何個か紹介しましょう。

・ファンからのヤジで「ベンチを見ろ!」と言われてベンチの指示に気がつく。

・投球練習中にカーブを投げるといっていたのに忘れて剛速球を投げる。

キャッチャー激怒。

・代打で三球三振後、記者に何の球種を待っていたのか?

と聞かれ「ストライク」と回答。

・投手から野手転向後、ヒットを放ち一塁ではなく三塁に走り出した。

・外野守備コーチに右中間に寄れと指示が、糸井選手はウチュウカンって何ですか?

他にもいっぱいあるんですが、これくらいに。

とりあえず迷言?名言?笑

どれも普通だと考えられない伝説級でしょ。

膝の怪我の状態は?

糸井選手、依然から膝を痛めていました。

今も膝をかばいながらプレーしているような気がしますよね。

一体どれくらい悪いんでしょうか。

元々左膝に古傷を持っていた糸井選手。

左膝痛としか知らされていませんが、実際は靭帯をかなり痛めていたんじゃないかと

思います。

2015年には田中選手とおなじPRP治療法(自分の血小板を注射し、回復を早め治療する療法)

をしていました。

注射する様子をTVで見ましたが、見てられないくらい痛そうでしたね。

相当悪かったと思います。

キャンプでは右膝を痛めていましたね。過去には右膝の靭帯も痛めていたようです。

ってことは両膝とも不安を持っているってことですね。

それで甲子園の広いセンターを任されているんですから、長いシーズンを考えると

膝の故障の再発が心配されますね。

糸井選手の状態を考えて、交代しながら起用しないとツライかもしれませんね。

右脇腹の筋挫傷で登録抹消。復帰はいつくらいに?

2017年7月17日の広島戦で空振りした際に右脇腹を痛めて途中交代しました。

超人糸井選手も怪我に悩まされていますね。

脇腹の筋挫傷ということですので、おそらくちゃんとバットが振れるようになるまでは1ヶ月以上かかるんじゃないかと思います。

球団も復帰を明らかにしていませんしね。

怪我の度合いではもっと長引くかもしれません。

西岡選手やロジャース選手が合流していなかったら、阪神にはもっとダメージが大きかったでしょうね。

それでも糸井選手がいないのは寂しいですね。

2018年の前半戦も好調な糸井選手にアクシデント・・・

主砲離脱か…。阪神糸井嘉男外野手(36)が出場選手登録抹消の危機に陥った。前日6月30日ヤクルト戦(神宮)で右足に死球が直撃した影響で、1日の同カードを欠場。球場に姿を見せず、都内の宿舎付近で体を動かしたという。試合後、金本知憲監督(50)が「糸井もケガした。ちょっとしんどいかも分からん」と説明。重症なら登録抹消される可能性も出てきた。

出典:日刊スポーツより

痛い。阪神にとって痛すぎるアクシデント。

最近は陽川選手が好調で打線も良く点を取っている阪神打線。

それまではロサリオ選手の不調もあり、

糸原、糸井、福留の三選手頼みに。

その中でも糸井選手は勝負強いバッティングに長打。

打率も3割と阪神打線の中でも一番信頼できる打者。

その選手が抜けるとなるとチームへの影響は計り知れません。

怪我の状況等が分かり次第、また追記したいと思います。

まとめ

超人的な身体能力を持っいている糸井選手。

考えていることも超人でしたwww

数々の糸井伝説を持っていました。

韓国籍ではなく、日本人籍で間違いないようです。

お父さんが在日韓国人かは不明。両方の噂があるため。

お嫁さんは一般人で子どもが二人。

膝の状態はいつ再発してもおかしくないかも・・・・少し不安。

以上で糸井選手の紹介を終了します。

今、現在は好調を維持していますのでこのまま活躍を期待していきましょう。

スポンサーリンク