皆さんこんにちは。

今日(5/30)から交流戦が始まりましたね。
交流戦の順位は両リーグの最終順位に大きく影響するので、本当にドキドキですね。


本日紹介する選手が所属する東北楽天ゴールデンイーグルスは現在(5/30)の順位は31勝12敗で首位と絶好調ですね。
投手では則本、岸、美馬などの先発陣、打者では茂木、ペゲーロの1.2番が序盤から大活躍しており、

投打がガッチリ噛み合っていますね。

そして本日紹介する選手は球持ちがよく、また緩急を上手く使って打者を翻弄させるサウスポーの辛島航投手です。

〇辛島航投手のプロフィール〇

本名:辛島航 からしま わたる
生年月日:1990年 10月18日 (26歳)
出身地:福岡県福岡市博多区
身長:173cm
体重:72kg
左投げ左打ち
2008年 ドラフト6位

スポンサーリンク

辛島航投手のこれまでの成績は?

辛島航投手は福岡県の飯塚高校の硬式野球部に入部後、1年の夏からベンチ入りし、2年秋からエースになりました。
甲子園を懸けた最後の3年夏の福岡大会では6試合に先発登板し、

46回を四死球6、防御率0.39という圧倒的な成績で優勝し。

甲子園大会に出場しました。

甲子園では1回戦の浦添商戦の途中で爪が割れた影響もあり、本来の投球ができずに打ち込まれて負けてしまいますが、

素材の良さを評価した楽天がドラフト6位で指名します。

楽天に入団後は、ルーキー時の8月13日のソフトバンク戦にプロ初登板しましたが、プロの洗礼を浴び、

2試合のみの登板に終わりました。
2011年のオフには、田中将大投手やダルビッシュ投手らと自主トレを行い、体重を増やしました。

辛島航投手のプロ初勝利は2012年の5月1日の西武戦でした。6回を2安打1失点

と見事な投球でしたね。
この年は怪我などもあり、約2ヶ月間戦線離脱しましたが、

8勝、防御率2.53を記録しこれからの活躍を期待されました。
しかし、2013年は怪我で出遅れ3勝、2014年はリーグ防御率トップ10(3.79)に入るも、味方の援護も少なく8勝13敗

2015年、2016年は怪我の影響もありそれぞれ5勝、3勝でシーズンが終わりました。

そして今年2017年は開幕ローテに入る予定だった選手が離脱したこともあり、辛島航投手がローテに入り、

4月1日のオリックス戦では6回2失点で勝ち投手になり、それを皮切りに現在(5/30)までに

8試合に登板し、5勝2敗、防御率3.83という成績を残しています。

少し防御率は高いですが、3つ勝ち越しているので、このままローテを守ってほしいですね。

スポンサーリンク

辛島航投手は結婚してる?嫁は?

辛島航投手は2013年の12月25日に婚姻届を提出したと発表しました。
お相手の名前は非公開ですが、当時27歳で家事手伝いの一般女性がお相手です。
辛島航投手は「いつもどんな時も前向きに支えてくれました。これからは家庭を持つことになりますので、

より一層、社会人としての自覚を持ち、野球に打ち込み、チームの勝利に貢献できるように頑張ります。」

とコメントしており、怪我した時も奥さんが支えてくれたのでしょうね。
2014年の7月5日には第一子(長男)が誕生したので、辛島航投手は家族の為にも活躍してほしいですね。

辛島航投手はヤンキー?

ネットで辛島航投手を検索するとヤンキーというワードが出てきます。
調べてみると特に昔ヤンキーだったという情報も全くなく、

きっちりと整えられた眉毛が完全なへの字になってるのがヤンキーっぽく見えるかもしれないですね。
辛島航投手もTwitterでヤンキーじゃない!と否定しています。

辛島航投手の年俸は?

辛島航投手の現在(2017年)の年俸は3000万円です。

年俸推移では
2009年 = 600万円 2010年 = 610万円 2011年 = 700万円
2012年 = 620万円 2013年 = 2200万円 2014年 = 2100万円
2015年 = 4200万円 2016年 = 3300万円  2017年 = 3000万円

辛島航投手は家族の為にも活躍してもらって1億円プレイヤーを目指してほしいですね。

イケメン!則本選手に次いで2位との評価。

辛島選手は楽天内のイケメンランキングで、

則本選手に次いで2位と評価している人が多いです。

そうですね。

確かにイケメンですね。則本選手はエースなのでどうしてもカッコよさが加わりますね。

顔もかっこいいですし。

しかし辛島選手もキリっとした顔立ちでかっこいいです。

則本派か辛島派でタイプが分かれると思いますね。

辛島航投手のまとめ

辛島航投手は岸投手や安楽投手の出遅れでチャンスが巡り、それをしっかりとモノにしローテを掴みました。
1つ心配なのは、本拠地のKoboパーク宮城での投球が不安定で、本拠地で3試合に登板し、防御率は7.90という成績です。
マウンドが合わないのかわからないですが、これを改善するともっと良い成績を残せるので、何とか改善してほしいですね。
家族の為にも大活躍を期待しています。

それでは辛島航投手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク