埼玉西武ライオンズのルーキー源田壮亮選手。

ドラフト前から注目されていましたが、ここまで活躍するとは思いませんでした。

バッティングもほぼ3割と予想以上ではないでしょうか。

今日は源田選手についてスポットを当てていきましょう。

〇プロフィール〇

源田 壮亮(げんだ そうすけ)

出身地 大分県大分市

生年月日 1993年2月16日(24歳)

身長 179cm 体重 73kg

右投右打

ポジション 遊

スポンサーリンク

 

 

守備の評価やバッティング成績について。

ドラフト3位で社会人野球、トヨタ自動車から西武に入団した源田選手。

守備にも定評があり、守備範囲、捕ってからのスローイング、が良く堅実かつ華麗なプレーが持ち味。

ショートとして必要なところを全部持っている守備だけなら即戦力と期待されたルーキー。

ショートの守備はプロでもトップクラスということが分かりましたね。

特に捕ってからのスローイングがいいので、難しい打球に飛び込んでアウトにできるのですね。

特徴でもあるスローイングの基礎を培ったのはソフトボールでした。

源田選手は小学生の時にソフトボールを経験しており、ソフトボールの場合は塁間がかなり狭かったので捕ってからすぐ投げる必要があったんですって。肩もソフトボールを投げていたことで強くなったそう。

バッティングについて社会人では評価はそこまで高くなかったはず。

トヨタ自動車では主に9番打者として出場していました。

バットが遠回りして出ており、変化球が打てないという評価でした。

しかし、現在2017年6月3日時点で、打率は.299と十分すぎる成績。

一体何が起こったのでしょうか。

キャンプで西武のコーチに打撃改造されたようですね。

今までは当てるような打撃が多かったみたいですが、練習の特打で柵越えを記録するなど、

バッティングも社会人とでは大きく変わったようですね。

上半身だけではなく、下半身を使ってガツンと叩かないと使わないと言われたみたいです。

元々源田選手の能力も高かったんでしょうけど、西武のコーチは有能ですね。

2017年の最終成績は?

源田選手シーズン最後までショートで活躍しました。

新人とは思えないですね。

2017年

143試合(全試合出場) 打率.270 本塁打3 三塁打10(1位) 盗塁37(2位) 打点57 出塁率.317 三振100 OPS.669

すごすぎる。ルーキーながら負担の大きい遊撃手でこの成績は立派です。

来年への課題とすれば三振を減らして出塁率を上げればもっとリーグを代表する。

いや日本を代表する選手になれるでしょうね。

足の速さと守備の上手さはリーグでもトップレベルなのは間違いないでしょう。

盗塁王はまであと2個と惜しかったですね。

来シーズンの飛躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

 

結婚や彼女について?

現在は彼女についての情報はありません。

残念ですが・・・・

まだルーキーなので、結婚や彼女についてはこれから情報が出てくるでしょうね。

源田選手は社会人からのプロ野球選手なので、

長く交際している彼女がいてもおかしくないでしょうね。

何か情報が入り次第追記していこうと思います。

プロ野球選手は結婚してからの情報が多いですからね。

使用しているグローブについて。

源田選手が使用しているグローブはZETTのプロステイタス。色は黄色です。

特徴としては革が硬めのグローブで、

浅めに弾いて捕って送球を意識しているのではないのでしょうか。

タバコを吸っている?喫煙者だった?

源田選手はタバコを吸っているそうです。

イメージ的に好青年って感じなので、吸っていないと思っていた人が多かったみたいですね。

新幹線のホームで多数の選手と一緒に源田選手が喫煙所にいるのを見たという人がネットに情報を流していました。

画像はなく、あくまでネットの情報なので不確かですが、

別に吸っていても成人しているので問題はありません。

源田壮亮選手のまとめ

守備だけでなくバッティングもプロ野球に入り、もう一段階レベルアップして気がしますね。

また、走塁・盗塁もアマチュア時代はそこまで意識していなかったようですが、

プロに入って一気に開花。盗塁数は現在パリーグ1位ですね。

これも西武の育成のおかげですね。

ルーキーながら、西武ライオンズで必要な選手になっている源田選手。

このままの成績で頑張れれば、新人王も見えてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク