オリックス・バッファローズの頼れる助っ人外国人。

ステファン・ロメロ選手が怪我から復帰、6/7日の阪神戦でサヨナラ打を打ちました。

ロメロ選手が復帰して交流戦絶好調のオリックス。

今日はそんな頼れる助っ人外国人をご紹介します。

ステファン・ダニエル・ロメロ

国籍 アメリカ合衆国

生年月日 1988年10月17日(28歳)

身長 約188cm 体重約99.8kg

右投右打

ポジション 指・外

スポンサーリンク

 

 

 

左膝の怪我から復帰で交流戦6連勝?

4月は15勝8敗と調子が良かったオリックス。

まさに打線が噛み合い、スタードダッシュ成功でした。

4番を打っていたロメロ選手を中心に打線が好調でした。

ロメロ選手も一発だけではなく、繋ぐバッティングもできたので、打線に厚みがありましたね。

また、守備や走塁にも全力で、ハッスルプレーが目立っていましたね。

そんなロメロ選手は4月22日の千葉ロッテ戦でファールフライを追ってフェンスに激突。

左膝を怪我してしまします。最初は打撲という診断でしたが、左膝大腿骨骨挫傷という診断結果に。

骨挫傷というのは骨の炎症のことで怪我の具合にもよりますが、ヒビの前というところですね。

そんなロメロ選手を欠いたオリックスは嘘のように点が入らず、連敗を重ねてしまします。

なんと8勝22敗という結果に。

ロメロ選手が怪我から復帰してからは、6連勝と一気に上昇気流に乗りましたね。

打てる雰囲気がありますねいつも、それはオリックスの選手も感じいているようで、

長打が打てる、ゴロアウトでも点が入る。何かやってくれる気がするらしいです。

そんな選手が打線の中心に入れば一気にチームが回っていきますね。

スポンサーリンク

 

守備の評価は?

マイナーでの外野守備の評価は最初は低かったようですが、2015年から守備も改善されたようですね。

キャンプの時から福良監督も守備の動きはいいし、悪くないというコメントをしています。

オリックスではライトの守備についていますね。

本人もDHよりも守備につきたいようですね。

怪我したように、守備に対してもフェンスを恐れず全力プレーで頑張るロメロ選手。

チームに欠かせない選手ではないのでしょうか。

年俸はいくら?マイナーリーグ3Aでの成績は?

オリックスとは1年契約で年俸85万ドル(約9,600万円)とされています。

ここまでの活躍とすれば十分過ぎる活躍ではないでしょうか。

怪我は誤算ですが、怪我をしていなければオリックスも首位をキープしていたかもしれませんね。

マリナーズの傘下3A・タコマでは106試合に出場し打率.304 本塁打21本 打点85 と優秀な成績ですね。

メジャー>NPB>3Aという順に野球のレベルが高いとされていますので、

活躍することは十分予想できました。

日本のピッチャーに合う合わないはあると思いますが、ロメロ選手は対応できましたね。

シーズン途中で契約延長?残留が決定的に。年俸はなんと4倍強?

現在怪我以外では4番としてチームを引っ張っているロメロ選手。

来季以降の残留がシーズン途中ですが決定したとの報道がありました。

まだ基本合意ですがなんと年俸は4倍以上、最大3年の大型契約となりました。

国内の違う球団への移籍を阻止するために年俸4億円以上の複数契約を結ぶことになりそうです。

4番を打てる。チームからの信頼や雰囲気もいい。

こんな選手なかなかいませんよね。オリックスもすごい決断を下しましたね。

それくらい優勝にかける思いは強いということでしょうね。

これでT岡田選手や吉田正選手が揃えばすごい打線になりますね。

ロメロ選手のまとめ

バッティングだけでなく、守備でもチームを引っ張れるロメロ選手。

パワーだけではない。チームに与える影響は素晴らしいものですね。

ロメロ選手もまだ完全ではないですが、調子が上がっていますし。

このままチームの借金も返済していきそうですね。

スポンサーリンク