皆さんこんにちは。

交流戦ももう折り返しですね。
セリーグでは巨人とヤクルトが1勝もできずに苦しんでいます。
パリーグでは5月調子の悪かったオリックスが調子を上げて今は絶好調ですね。

そして本日紹介する選手は将来は楽天の主軸候補の三好匠選手です。

「三好匠選手のプロフィール」

本名:三好匠 みよし たくみ
生年月日:1993年 6月7日 (23歳)
出身地:福岡県北九州市戸畑区
身長:174cm
体重:75kg
右投げ右打ち
2011年 ドラフト3位

スポンサーリンク

 

三好匠選手のこれまでの成績は?

三好選手は楽天に入団と同時に投手から内野手への転向と遊撃手への挑戦を表明しました。
1年目の2012年は体力作り、体格と守備力を鍛える為に2軍生活を送り、2軍の試合で二塁手、遊撃手、三塁手として58試合に出場し、

打率.250、4本塁打を記録し、高卒選手としては良い成績を残しました。

2年目の2013年は2軍で59試合に出場し、打率.273、4本塁打、22打点を記録し、

7月14日の試合に8回裏から出場し1軍デビューを果たします。
1軍では4打数0安打でした。

3年目の2014年も2軍生活が多く、107試合に出場し、打率.242と去年より下がりましたが、

16本塁打、60打点という成績を残しイースタンの優秀選手賞を受賞します。
10月1日の日本ハム戦では1軍で初スタメンに起用されると吉川光夫投手から二塁打を打ち、1軍初ヒットを記録しました。

2015年、2016年と少しずつ1軍での試合出場を増やしていき、2015年は9試合で6安打を記録し、

2016年は38試合に出場し打率.222、14安打、3本塁打を記録し、少しずつ1軍に慣れていきました。

今年2017年は茂木選手が休養する日や左投手の時に1軍の試合に出ることが多く、22試合で20打数9安打、打率.450、5打点

と少ないチャンスをモノしていますね。

三好選手は三塁手、二塁手、遊撃手と守れるので、このままレギュラーを奪い取ってほしいですね。

スポンサーリンク

 

三好匠選手の出身中学や高校は?

三好匠選手は福岡県出身で中学は北九州市立大谷中学校です。
大谷中学校で軟式野球部に所属していました。
高校は福岡県の名門で九州国際大付高校に進学し、1年の春から外野手のレギュラーになり、

夏の甲子園では3試合で打率.500、3打点を記録します。

2年の夏は三塁手兼投手として福岡県大会8強入りに貢献すると、秋にはエースになり県大会優勝、九州大会準優勝し選抜の甲子園出場を決めました。

3年春の選抜では5試合45回を1人で投げ抜き、ストレートもMAX145キロを記録するなど準優勝に導きました。
また三好選手は投手ながらも3番に入りホームラン2本を記録し長打力もアピールしました。

3年夏の甲子園では初戦は2回戦からで関西高校に2-3でサヨナラ負けしましたが、11回を2失点で好投を見せました。

甲子園通算成績は
打者として9試合 打率.303、2本塁打、6打点

投手として6試合 56回 防御率2.73
という成績を残しました。

三好匠選手の打撃や守備の評価は?

三好選手の打撃は元々ミート力は高く、小柄ながらもパワーもあり、右方向に強い打球を打てるなど打撃センスも高いです。
少し外の変化球に手を出すこともあるので、それを我慢できればもっと活躍できるでしょうね。

守備の評価はプロに入る前は、グラブさばき、スローイングなど少し雑でプロではどうかと思いましたが、

プロの2軍で守備力を鍛え、大分上手くなりましたね。
ただ守備範囲はあまり広くなく、簡単にエラーすることもあるので、まだまだ鍛えてほしいですね。

三好匠選手の彼女や結婚は?

三好選手に彼女がいるかどうかを調べましたが、そういう情報や噂はありませんでした。
今は試合出場が増えてレギュラーを奪う立場なので、恋愛どころじゃないかもしれないですね。

三好匠選手のまとめ

今年は少ないチャンスでもしっかりと活躍してアピールしていますね。
楽天には日本人でホームランを打つ選手が少ないので三好選手がこのまま成長すれば、ホームランも打てる選手になると思うので楽しみですね。
将来、しっかりと主軸になれるようにこのまま頑張ってほしいですね。

それでは三好匠選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク