皆さんこんにちは。

本日は阪神タイガースの選手を紹介したいと思います。
今日で横浜×オリックス以外(雨天中止の為に振替)の交流戦が終わりましたね。


阪神ファンの方も交流戦は不安だったと思いますが、10勝8敗で貯金2増やすことができましたね。
糸井選手が怪我、上本選手が体調不良、福留選手が不調でもこれだけ勝っているので、阪神は強いですね。

そして本日紹介する選手は本日、育成契約から支配下登録された西田直斗選手です。

「西田直斗選手のプロフィール」

本名:西田直斗 にしだ なおと
生年月日:1993年 4月26日 (24歳)
出身地:大阪府柏原市
身長:186cm
体重:78kg
右投げ左打ち
2011年 ドラフト3位

スポンサーリンク

 

西田直斗選手の成績は?

西田選手は2011年にドラフト3位で阪神タイガースに入団しました。
ルーキーイヤーの2012年は2軍での生活が続き、ウエスタン・リーグ公式戦71試合に出場し、

打率.237、17打点という高卒ルーキーではまずまずの成績を残しますが、遊撃手での守備率.926と守備に課題が残りました。

2年目の2013年はウエスタン・リーグ公式戦92試合に出場し、打率.241、2本塁打、14打点を記録します。
また7月28日の横浜DeNA戦で1軍で代打デビューするも三振してしまいます。

これ以降は1軍出場はなく、2014年はウエスタン・リーグ公式戦94に出場し、打率.228、2本塁打、25打点
2015年はウエスタン・リーグ公式戦88試合に出場し、打率.223、1本塁打、14打点となかなか成績を上げることができないシーズンが続きました。

2016年はウエスタン・リーグ公式戦62試合に出場し、打率.238、2本塁打、13打点
2017年は現在(6/17)までにウエスタン・リーグ公式戦37試合に出場し、打率.267、10打点を記録しています。

金本監督は若手を多く使っているので、もっと活躍して金本監督、掛布2軍監督にアピールしてほしいですね。

スポンサーリンク

 

西田直斗選手は戦力外?支配下登録?

西田選手はプロ入り後から多くのウエスタン・リーグ公式戦に出場していましたが、なかなか成績が上がらずに苦しんでいました。
その結果もあって、2016年の10月30日に戦力外通告を受けました。
しかし、球団は戦力外通告と同時に育成契約で再出発という打診しており、西田選手は育成からの再出発を決心することになります。

西田選手は早く支配下登録される為に、2017年のウエスタン・リーグでアピールし、掛布2軍監督、今岡2軍打撃兼野手総合コーチなどのファームの首脳陣からの推薦を頂き、

球団は西田選手を6月17日に育成契約から支配下選手契約を締結しました。

金本監督は打撃を期待しているとコメントしているので、打撃でしっかりとアピールできるかが勝負ですね。

西田直斗選手の規律違反・強制送還とは?

西田選手は2013年に宮崎県で行われたフェニックスリーグ参加中に規律違反を起こし、10月16日に関西に強制送還されたことがあります。
詳細などは明らかになってはいないのですが、前日15日の韓国ハンファ戦で4打数4安打1本塁打6打点を記録するなど大暴れした後なので、試合の後に集団行動の規律を犯す何かやらかしたのでしょうかね。

それ以降はそういう事はないので、しっかりと反省したと思います。
勝負の年なので、プライベートなどもしっかりとしてほしいですね。

西田直斗選手のまとめ

西田選手は育成選手も経験するなど苦しい事もあったと思いますが、阪神は去年原口選手が育成選手から支配下登録され大ブレイクしました。
西田選手も原口選手のように1軍で活躍すると、人気も出てくると思うので、まずは2軍でアピールし何とか1軍に上がってきてほしいですね。

特に阪神は左の代打が少ないので、打撃でアピールすれば必ずチャンスがあると思います。
頑張れ西田選手!!

それでは西田直斗選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク