皆さんこんにちは。

沖縄県では夏の甲子園大会の予選が始まりましたね。
沖縄県が1番早く予選が始まり、1番早く代表校が決まるので楽しみですね。


本日はその沖縄県のドラフト候補を紹介したいと思います。
紹介する選手の名前は平良海馬投手です。

「平良海馬投手のプロフィール」

本名:平良海馬 たいら かいま
生年月日:1999年 11月15日
出身地:沖縄県石垣市
身長:173cm
体重:81kg
ポジション:投手兼外野手
右投げ左打ち

スポンサーリンク

 

平良海馬投手はドラフト候補?

平良投手は現段階ではドラフト中位〜下位指名と予想されます。
6月19日に行われた沖縄大会の1回戦では0-1で負けはしましたが、8回 7被安打 2四球 1死球 9奪三振 1失点と好投しました。
その試合では広島・横浜を除く10球団が視察に訪れており、注目度が高いですね。

プロのスカウトは
中日の中田スカウト部長
見ていて楽しくなる魅力のある投手。スイング、腕の振りに力強さがあるし器用なところもある。下半身の使い方を覚えれば、球速ももっと伸びるのでは

ソフトバンクの福山スカウト
(ドラフトに)かかる要素は十分。フィールディング、牽制など大事な要素を持っている。
など他にもヤクルト、楽天、西武がコメントを残していますね。

全国大会での実績がないのと身長が少し低いのがネックですが、

去年のドラフトでも全国大会での実績がない高卒投手が中位指名されていますし、

175cmの梅野雄吾投手がドラフト3位で指名されているので、そこまで心配することはないですかね。

まだ平良投手がプロ志望届を提出するか はわかりませんが、

今年はあまり150キロ以上投げるドラフト候補が少ないので是非プロを目指してほしいですね。

西武がドラフト4位で指名!

プロ野球のドラフト会議が26日、東京都内のホテルで開かれ、八重山商工の平良海馬が西武ライオンズに4位で指名された。平良は身長173センチ、体重81キロ。今年の県春季大会で最速152キロをマークした本格右腕。

出典:沖縄タイム+ニュース

平良選手おめでとうございます。

なんとドラフト4位で西武ライオンズに指名されましたね。

プロに進むか不安だったのですが、プロにそのまま入ることができました。

早く1軍で投げる姿が見たいですね。

平良海馬投手の球速や球種は?

平良投手は6月19日の沖縄大会1回戦で自己最速を2キロ更新する154キロを計測しました。
セットからでも149キロを計測していたので、クイックやランナーを出しても速いストレートを維持できます。

6月19日の試合での平均球速
1回→146.9キロ 2回→143.6キロ
3回→144.2キロ 4回→147.7キロ
5回→138.8キロ 6回→136.7キロ
7回→136.8キロ 8回→145.9キロ
8イニングの平均→143.3キロ

中盤は少し疲れなのか球速は抑え目でしたが、8回は最後の力を振り絞った感じで145キロ前後を連発していました。

平良投手の球種はスライダー、カーブ、チェンジアップ、カットボール、シンカーです。
しかし、試合ではスライダーとカーブの2球種が多いですかね。
基本的には速いストレートとスライダーを投げて、たまに90キロ台の遅いカーブを投げます。
スライダーは左右関係なく空振りを奪えるので、かなり武器になります。

プロで成功する為には、スタミナ強化とプロ相手に使える落ちる球を磨いてほしいですね。

スポンサーリンク

平良海馬投手の彼女の存在は?

平良投手の彼女の存在ですが、現時点では確認できませんでした。
平良投手はTwitterをしているのですが、そこでも彼女らしい人とのやりとりはなく、野球一筋という感じでしたね。
しかし、色々な人から応援されていて人気者だということは確認できました。

平良海馬投手のまとめ

平良投手は投手としても凄いですが、打撃面も凄いです。
高校通算20発、110キロのベンチプレスを上げるパワーがあります。
まだ進路が決まっていないですが、是非プロで見たいですね。
打撃も見てみたい気がするので、

二刀流まではいかなくてもセリーグで打てる投手として活躍してほしいと個人的には期待してます!

パリーグにいっちゃいましたが、がんばってほしいですねw

それでは平良海馬投手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク