皆さんこんにちは。

皆さんが応援しているチームの調子はどうですか?
セリーグでは最近は阪神タイガースが不調で負け続いているのが少し心配ですね。
パリーグは楽天とソフトバンクが強くてこの先も首位争いが続きそうですね。

本日は6/30に1軍初昇格した選手を紹介したいと思います。
その選手とは西武ライオンズの山田遥楓選手です。

「山田遥楓選手のプロフィール」

本名:山田遥楓 やまだ はるか
生年月日:1996年 9月30日 (20歳)
出身地:佐賀県佐賀市
身長:179cm
体重:78kg
ポジション:遊撃手、三塁手、二塁手、一塁手
右投げ右打ち
2014年 ドラフト5位

スポンサーリンク

 

山田遥楓選手の成績は?

山田選手は2014年のドラフトで西武ライオンズから5位指名を受けてプロ入りしました。
1年目、2年目と育成目的、体力強化で2軍暮らしとなり、1軍昇格はありませんでした。
1年目の2軍成績は48試合に出場し、打率.184、1本塁打、5打点、2盗塁とプロの球に苦労しました。

2年目の2軍成績は74試合に出場し、打点.180、13打点、2盗塁で良い結果を残すことはできなかったが、高卒の2年目でこれだけ2軍の試合に出場していることを見ると、球団から期待されていることがわかります
体重も入団当時は70前半だったのが、今は78キロと増えており、体力強化も順調に成功しています。

3年目の今年の2軍成績は、62試合に出場し、打率.271、4本塁打、23打点、3盗塁を記録しており、

去年、一昨年と比べると打率が大きく上昇し、少しプロの球に慣れてきたのかもしれないですね。

そして6月30日に1軍初昇格することになりました。
もしかしたら代走とか楽なところで代打とか少ないチャンスになるかもしれませんが、チャンスをモノにしてほしいですね。

スポンサーリンク

 

山田遥楓選手の難聴とは?

山田選手は3歳の時、右耳が先天性の難聴だということがわかりました。
親や兄が野球をやっていたのが影響し、山田選手も野球を始めたのですが、

右耳が聞こえない為にフライの声掛け、連携など聞こえないことが障害になっているが、

その障害を乗り越えてプレイしています。

高校時代もボールが当たって聞こえている左耳も聞こえなくなったら大変だと周りに心配されましたが、

その心配を押し切って野球を続け、努力もし、仲間からの信頼も集め、キャプテンを務めるようになりました。
キャプテンとして試合中では、常に聞こえる範囲まで近寄って指示を出したり

普段ではチームメイトに手紙を書いたりと士気を上げる為に本当に努力したみたいですね。

プロでは歓声が大きく大変だと思いますが、怪我などに気を付けて試合で活躍してほしいですね。

山田遥楓選手の彼女は?

山田選手の彼女の存在ですが、色々と調べましたが今の段階では確認できませんでした。
まだ20歳ということもあり、今は野球に集中しているのかもしれないですね。
山田選手は今日(6/30)の試合を見ても、ベンチで誰よりも大きな声を出しています。
そういう努力もあって、応援している女の子も多いみたいなので女子人気は高いかもしれないです。

彼女の存在についてはわかり次第追記していきたいと思います。

山田遥楓選手のまとめ

山田選手の本職はショートですが、西武のショートは源田選手で固定されています。
しかし、源田選手も疲れが出てきていると思いますし、サードの中村選手も不調なので、

1試合はスタメンのチャンスを上げてほしいですね。
チャンスは少ないと思いますが、是非チャンスをモノにして頑張ってほしいです。
山田選手の1軍でのヒーローインタビューを期待しながら、これからも応援していきたいと思います。
1軍で頑張れ!山田遥楓選手!

それでは山田遥楓選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク