皆さんこんにちは。

本日はプロが注目する高校生を紹介したいと思います。
今のNPBは捕手が不足していて、なかなか固定ができないチームが多いですね。


その中で捕手を探しているチームにオススメな選手を紹介します。
広陵高校の中村奨成選手です。

「中村奨成選手のプロフィール」

本名:中村奨成 なかむら しょうせい
生年月日:1999年 6月6日 (18歳)
出身地:広島県廿日市市
身長:182cm
体重:77kg
ポジション:捕手
右投げ右打ち

スポンサーリンク

中村奨成選手はドラフト候補?

今年の他のドラフト候補と比較すると、中村奨成選手は現段階では上位指名〜中位指名と予想されます。
夏の甲子園で活躍すると上位指名は確実になると思います。

強豪の広陵高校で1年春から控えとしてベンチ入りし、1年夏の予選から8番・捕手でレギュラーを掴み

5試合で16打数5安打、2打点、3盗塁を記録しました。
守備でも盗塁を阻止するなどし、走攻守でアピールしています。

2年夏の予選では5試合で17打数8安打、2本塁打、11打点と活躍し、チームとしても2年秋は県大会ベスト8、

3年春は県大会で準優勝に導きました。
この活躍から今年の高校日本代表の1次候補にも選出されました。

今年の6月10日にあった練習試合では広島、日本ハム、楽天を含む8球団が視察しているので注目度は高いですね。

個人的には今年のドラフトで、中村奨成選手が高卒捕手の中では1番早く指名されると思います。

スポンサーリンク

中村奨成選手のスカウト評価

中村奨成選手のスカウト評価(コメント)を紹介したいと思います。

中日・中田宗男スカウト部長
「肩も強いし、パンチ力もある。それに足もある。素材としての魅力があるね。スイングスピードは速いし、

遠くへ飛ばす能力がある」

巨人・渡辺政仁スカウト
「走攻守三拍子が揃った捕手は全国的に見てもなかなかいないんじゃないかな。素材は高校生トップクラス」

オリックス・中川隆治アマチュアスカウトグループ
「5月初旬に見る機会がありましたが、高校生のキャッチャーでは一番かもしれません。

守備面だけでなく、ヘッドを利かせるバッティングや走れる足を持っていて、総合力が高い。

体に力がつけば、1軍で戦える選手です」

と捕手能力はもちろん、打撃面や走力など走攻守と評価は高いですね。

これから夏の広島予選、甲子園、日本代表とアピールする場があるので、もっとスカウト評価が増えるでしょうね。

ドラフト1位で2球団から指名!広島カープに!

広陵(広島)中村奨成捕手は広島、中日から1位指名された。

高校生捕手が1回目の入札で1位重複したのは史上初めて。抽せんの結果、広島が交渉権を得た。

中村選手には2球団が競合することになりました。

広島は中村選手の1位指名を名言していたので、獲得できてよかったですね。

広島の高校に通っていたのでカープに入れてよかったと思います。

地元の選手ですし。

本当におめでとうございます。

中村奨成選手の打撃や守備は?

中村奨成選手の打撃の評価はスカウトが評価している通り、打撃評価も高いです。
通算35本塁打とパンチ力もあり、広角に鋭い打球が打てます。
フォームとしては初めからバットを後ろに構えており、テイクバックがあまりなく、

コンパクトにバットを出しつつ、前(フォーロースルー)が大きいです。
今年から打撃練習では木製バットを使用しているので、芯で捉える確実性を上げつつ、プロも意識しているのでしょうね。

足も50m6秒00と速く、試合でも盗塁をできる脚力はあります。

守備評価もスカウトが評価している通り高いです。
遠投120mと強肩であり、肩が強いのは捕手として1つの武器となります。
盗塁阻止での最速2塁到達記録は1秒75と物凄く速く、平均でも1秒85とかなり速いです。
プロでも2秒を切れば1流だと言われているので、プロでも平均1秒85を維持できれば大きな武器になりますね。
キャッチングも高校生では頭一つ抜けており、捕手として評価が高いです。

広陵の中井監督が「僕、あまり選手は褒めないんですが、ちょっとこの中村という選手の運動能力、

身体能力は抜けています。今まで見てきた高校生でNO.1でしょう」と評価しており、

本当に楽しみな素材だと思います。

中村奨成選手のまとめ

夏の広島予選、甲子園、日本代表とアピールする場所はまだあるので、目一杯アピールしてほしいですね。
今年は飛び抜けたドラフト候補が少なく、ドラフトマニアの中ではドラフト2位で消えるかもしれないとまで言われています。

そうなりましたね。二球団から1位で指名されました。
甲子園に出場し最高の活躍をしたことが評価されましたね。中村選手おめでとうございます!

それでは中村奨成選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク