皆さんこんにちは。
少しずつ夏の甲子園出場校も決まってきましたね。
個人的には激戦区の大阪の代表校がどこに決まるか楽しみですね。

本日紹介する選手は甲子園出場が決まり、甲子園で注目されるであろう沖縄県の興南高校の1年生投手宮城大弥投手です。

「宮城大弥投手のプロフィール」

本名:宮城大弥 みやぎ ひろや
生年月日:2001年 8月25日 (15歳)
出身地:沖縄県宜野湾市
身長:173cm
体重:70kg
ポジション:投手
左投げ左打ち
宜野湾ポニーズ(嘉数中学校)→興南高校

スポンサーリンク

宮城大弥投手の沖縄県予選の成績は?

宮城投手は興南高校で1年生ながら春からベンチ入りします。
夏の沖縄県予選では背番号11番を貰い県大会全6試合(先発1、中継ぎ5)に登板すると、

22.1回を防御率0.40、34奪三振、与四死球3、1失点と素晴らしい成績を残します。
中継ぎで結果を残し、決勝戦(美来工科戦)では先発に抜擢されると9回.7安打.1失点.無四球.13奪三振で完投し、

15対1で優勝に導きました。

甲子園でも必ず出番はあると思うので、1年生とは思えない投球で必ず注目されるでしょうね。

宮城大弥投手の球速や変化球は?

宮城投手の最高球速は142キロです。
1年生で左投手と考えれば142キロは速いですね。
沖縄県予選の決勝戦では135〜135後半が多かったので、平均球速はそれぐらいでしょうね。
完投する最後の1球でも141キロを記録していたのでスタミナもあります。
まだ1年生ですので、球速もまだ速くなるかもしれないので、これからの成長が楽しみですね。

宮城投手の変化球はカーブ、スライダー、シュートです。
決め球はスライダーが多いですね。
とにかくスライダーの変化量が凄いです。
ベースの端から端まで曲がるので、楽天の松井裕樹投手のスライダーに近い変化です。

左投手で変化量が凄いスライダー、しかもインステップして投げるので左打者は打ちにくいでしょうね。
是非、甲子園で自分のピッチングをしてほしいですね。

スポンサーリンク

宮城大弥投手はドラフト候補?

宮城大弥投手はまだ1年生ですので、今年はまだドラフトにはかからないですが、

順調に成長していけば、間違いなくドラフトにかかるでしょうね。
宮城投手本人の目標は150キロを投げることみたいですが、

150までいかなくとも140後半で平均球速も145近くまで投げれるように成長してほしいと思います。

あとは今のプロ野球で活躍している先発の左投手の多くが右打者の空振りを奪えるチェンジアップを投げています。
プロを目指すのであれば、チェンジアップを覚えてほしいですね。
それと宮城投手はインステップなので、インステップを修正しない球団に入ってほしいですね。

宮城大弥投手のまとめ

宮城投手を知らない人は甲子園でビックリすると思います。
是非こんな1年生投手がいるのか?と驚いてください。
それと投球フォームにも注目してほしいですね。
興南高校の左投手に多い、体をやや捻って重心を下げ、インステップで投げるフォームです。
春夏連覇した興南高校の先輩で現ソフトバンクホークスの島袋投手を少し彷彿とさせますね。
何度も言いますが、まだ1年生で伸び代もあると思うので、甲子園での活躍を期待しつつ、

これからの成長にも期待したいと思います。
頑張れ!宮城大弥投手!

それでは宮城大弥投手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク