こんばんは。阪神タイガースに途中加入したジェイソン・ロジャース選手。

まだ数試合だけしかこなしていませんが、ホームランも予想以上に記録し活躍していますね。

今日はそんなロジャース選手についてご紹介していきたいと思います。

ジェイソン・ロジャース(阪神)を獲得か?バッティングや守備の評価は?成績など。

プロフィールや評価については過去記事を参照してください。

スポンサーリンク

通称はパンダ?由来や理由は?

最近はかわいい系の助っ人外国人が流行っているのですかね笑

楽天のウィーラー選手もハクション大魔王やポテトヘッドなんて言われて人気が出ていますね。

メジャーリーグにもカンフーパンダと呼ばれる選手がいたような。

ロジャース選手がパンダと呼ばれている由来は、メジャー時代の愛称のようですね。

たしかにずんぐりむっくりな体型はパンダのように愛嬌がある選手ですね。

そしてロジャース選手自身もその愛称を気に入っているようで日本にきてからも、

「どうもパンダです。」とパンダ押しのようです。

もう阪神ファンにも浸透していて、パンダの被り物を被って甲子園球場で応援しているファンもいましたね。

また、練習の時も重さの違う黒と白のバットでフリーバッティングをしていました。

これもパンダ意識から来るものではないでしょうかね笑

そして、自分がバッターボックスに入る登場曲も「パンダ」という曲でメジャー時代から愛用していたそう。

これだけパンダ要素が集まればパンダになりますね!

このままパンダの快進撃は続くのでしょうか?

スポンサーリンク

ホームランを連発?長距離打者ではなかったはずでは?

スポーツ新聞やニュースではホームランを打つタイプではないと言われていましたが、

もう今日を含めもう3本のホームランを打ちました。

しかも甲子園のバックスクリーンまで飛ばしました。

やっぱりパワーありますよね笑

確かに軽く打つようなバッティングですが、予想以上に伸びますね。

また速球や外への変化球に今のところは対応できているので、阪神からすると嬉しい誤算でしょう。

金本監督からの評価も高く当分は4番を任せると名言しています。

阪神は左の打者(福留、鳥谷、糸井、高山)が揃っているので、右の強打者をオーダーに入れてジグザグに打線を組みたかったようです。

金本監督も速球を軽く打ったロジャース選手を見習ってほしいと言っていましたね。

パンダ旋風は続きそうです。

ロジャース選手はホームランを全く狙ってないようで、チームに貢献するバッティング。

広角に打つことを大事にしているように感じます。

ジェイソン・ロジャースのまとめ

ここまで予想以上の活躍を見せている「パンダ」ことロジャース選手。

このままパンダの快進撃は続くのでしょうか。

良くも悪くもこのバッティング内容を見ていれば活躍しそうですね。

苦手な配球などがなければ日本の野球に対応していくでしょう。

今のところは穴がないように見えますが、これからどうなっていくのか見ものですね。

長打は打てない打てないと言われていましたが、やってみないと結果なんて誰にも分からないものですね笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク