こんばんは。セ・パともにリーグ優勝が決定しましたね。

注目されていたクライマックス1回戦も終わってしまいましたね。

今日、注目するのは阪神タイガースで梅野捕手と正捕手争いをしていた坂本誠志郎選手。

後半戦の途中からずっと坂本選手が先発マスクをかぶっていたのですが、まさかの怪我。

怪我の状態はどうなんでしょうか?調べていきましょう。

〇坂本誠志郎選手のプロフィール〇

坂本 誠志郎 さかもと せいしろう
出身地 兵庫県養父市
生年月日 1993年11月10日(23歳)
身長176 cm
体重78 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2015年 ドラフト2位
初出場 2016年7月19日
年俸 1,300万円(2017年)
履正社高等学校
明治大学
阪神タイガース (2016 – )

出典:Wikipediaより

スポンサーリンク

左脇腹筋挫傷で登録抹消?

阪神・坂本誠志郎捕手(23)が19日、甲子園での練習中に左脇腹を痛めた。金本知憲監督(49)は抹消する可能性が高いことを説明。8月下旬から18試合連続でスタメンマスクを任されていた2年目に、まさかのアクシデントだ。

出典:サンスポより

梅野捕手と全く平行線の争いをしていた坂本選手でしたが、徐々にバッティングで結果をだし梅野選手を追い抜いていきました。

その結果スタメンマスクをずっとかぶってきていたのにまさかの怪我によるリタイア。

ティー打撃中に左脇腹を痛めてしまったのでしょう。

ここまで打率.248 2本塁打 17打点 現在打てる捕手はどのチームもいないため、打率.250を超えれば合格点ですね。

また、ここぞという場面で打っている印象が強いので先発出場は頷けます。

肩は梅野選手が上ですが、現在のところバッティングはこの坂本選手のほうが期待できます。

スポンサーリンク

クライマックスには間に合うのか?復帰はいつ?

脇腹の筋肉を傷めたということですが・・・・

復帰まではおそらく1~2ヶ月はかかると予想されます。

もちろん怪我の度合いが分からないので正確には判断できませんが。

クライマックスシリーズまでの時間を考えると、スタメンマスクは梅野選手でいくでしょう。

坂本選手は残念ですがおそらくこのまま今シーズン終了になるかと。

元気に戻ってきてほしいのはやまやまですが、無理をさせる場面ではないので仕方ないでしょう。

追記:CSの第3戦で復帰も・・・・

クライマックスシリーズで復帰した坂本選手。左腕の能見選手とバッテリーを組んだのですが。

1回に3失点後1アウトしか取れず降板する事態に。

結局試合も負けて阪神は終戦を迎えることになりましたね。

ファンからは試合感覚の空いていた坂本選手の起用を疑問視する声もありましたが、

坂本選手は監督やコーチの指示で試合にだけですから非はありません。一生懸命プレイした結果がこうなっただけです。

残念ですが、来シーズンに期待しましょう。

矢野コーチからの評価が高い?

阪神ファンなら知っていると思いますが、矢野コーチは梅野選手より坂本選手を押しているように見えるということ。

これは実際に矢野コーチが話していたわけではありませんし、バッティングがよい坂本選手を起用するチームの方針かもしれません。

確かにベンチで阪神の投手が打たれた時、梅野選手と坂本選手では矢野コーチの対応が違うようにも感じます。

しかし、何を話しているかは分かりませんし同じ失敗を梅野選手がしているのかもしれません。

またワンバン処理や肩だけなら梅野選手を起用したいですが、バッティングや全体のバランスを考えると坂本選手を起用となるでしょう。

これは若い捕手の正捕手争いでありますし、どちらの選手も勝負をしていって成長してほしいです。

坂本誠志郎選手のまとめ

阪神タイガースのスタメンマスク決定か?と思いきやまさかのアクシデントで戦線離脱となった坂本選手。

CSで復帰するも悔しい結果になってしまいました・・・・

また来シーズンも梅野選手との正捕手争いが始まるでしょうね。

それとも新たな捕手を獲得するのでしょうか。

坂本選手はバッティングとともに守備も成長していたのでこれからの活躍に期待しておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク