こんばんは。大谷翔平選手がメジャー移籍を前に右足首の怪我を手術をしましたね。

今回はその怪我や手術について調べていきたいと思います。

どこか完全ではないと思っていましたが、足首の怪我はやはり完治しきってなかったようですね。

大谷翔平選手の関連記事はこちらから

大谷翔平、メジャー球団の評価は?移籍先はヤンキースかレンジャーズ?どこに?

スポンサーリンク

シーズン終了後手術を決意。都内の病院で右足首の内視鏡手術を受けた。

やはり以前に怪我をメディアで指摘された通り手術して完治を目指すことになりましたね。

そう思うと怪我が完治しておらず少し痛いけど無理して投げたりバッティングをしていたのかもしれませんね。

あまり無理をしてほしくないですね・・・・

日本ハム大谷翔平投手(23)が12日、都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受け、無事に終了した。

「万全の状態で新しいシーズンを迎えるため、公式戦終了直後のこの時期に手術を受けることにしました。自分なりのパフォーマンスを出せるように、手術後はリハビリと練習に努めます」

出典:日刊スポーツより

怪我の程度や手術自体はそこまで難しいものではないようです。

足首の後ろのアキレス腱周辺が痛くなる症状で、サッカーやバレエの選手に起こりやすい症状。

手術で痛みの原因である骨を取り除いて完治できるみたいです。

やはり投手と打者の二刀流による弊害でしょうか。あまり無茶してほしくないですね・・・・

スポンサーリンク

完治は3ヶ月の見込み。メジャー移籍に影響を及ぼす可能性は?

正直、今回の怪我は全くメジャーへの移籍に問題なさそうです。

不安を取っておくために手術したと思って間違いないでしょうね。

動けないほどの激痛なら投手や打者でプレーすることは不可能だったはずです。

2~3週間病院でリハビリを行い退院。完治するまでは約3ヶ月を要するとなっています。

今から3ヶ月だと1月ですか。全然移籍には問題ないでしょうね。

どの球団にいくのか今から本当に楽しみですね。

入院していた病院を無事退院。

 日本ハムは25日、今月12日に内視鏡による「右足関節有痛性三角骨除去術」を受けて都内の病院に入院中だった大谷翔平投手(23)が退院したと発表した。

大谷は退院後、タクシーで千葉・鎌ケ谷のファーム施設に帰寮し、歩いて寮に入った。今後は同施設でリハビリを続ける予定。

出典:スポニチより

大谷翔平選手が手術後のリハビリを終えて無事退院したようです。

全力で動くには予想通り3ヶ月必要とのこと。

それでもメジャーのキャンプには間に合うためメジャーの移籍は変わらないでしょう。

メジャーキャンプで頑張る大谷選手が見れそうです。

怪我が長引かなくて本当に良かったですね。

今まで手術していなかった理由は?

怪我をしてからリハビリと保存療法で手術していなかった大谷選手。

なぜ手術に踏み切らなかったのでしょうか?

右足首の痛みをかばうように走ったので肉離れ→長期離脱したとも言われていましたね。

別の怪我の原因になるくらいなら早めに手術するべきだとも言われていました。

しかし、手術しなかった大谷選手。

その理由はおそらく来年のメジャー移籍を意識した1年だったからでしょう。

本人もコメントしている通り多少無理してでもプレーしたいと考えたからだと思います。

もちろんフロントや医療機関とも相談して決めた結果だとは思いますが。

少しでもファンに日本でプレーする姿を見せたかったのでしょう。

大谷翔平選手のまとめ

右足首の怪我をシーズン終了まで手術しなかった大谷選手。

メジャーに行く前に不安を取る前に手術を決断しましたね。

理由は日本で最後のプレーになるからと考えていたところもあったでしょう。

メジャーは怪我にシビアで必ずメディカルチェックを行うのでそういうところも考えていたのかもしれませんね。

メジャー移籍に万全の大谷選手がどの球団にいくのか、今から興味深いですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク