今日はプロ注目の東大の左腕、宮台康平選手について調べていきたいと思います。

3年には日米大学野球の日本代表にも選ばれた存在です。

東京大学でこのような逸材がいるとは皆さん驚きではないでしょうか。

東大と言えばやはり勉学のイメージあると思うので。

〇宮台康平選手のプロフィール〇

宮台 康平 みやだい こうへい

1995年7月1日生まれ 22歳

身長 178cm

体重 83kg

左投左打

ポジション 投手

湘南高校→東京大学

スポンサーリンク

スカウトの評価や成績は?阪神や日ハムが上位指名か?

宮台選手は1年秋からリーグ戦に登板し38試合 175回1/3 通算6勝という結果でシーズンを終えました。

成績的には良くないと思っている人も多いでしょうけど、東大はずっとリーグ最下位ですし、

一時期はリーグ記録である94敗を記録した大学です。

2008年秋から2015年途中までは1勝を挟んで129敗しているわけです・・・・

そう思うと大健闘ですよね。

宮台選手の良さはやはりMAX150kmと言われるストレート。

そのボールを内角に投げ込めるコントロールも評価が高いです。

また変化球で強打者をかわすこともでき、投手として完成されていると言われています。

日ハムが上位指名すると言われていますね。阪神もずっと調査しているので上位指名する予定でしょうか。

日ハムの栗山監督は言われている以上にいい投手とコメント。

スカウトも牽制やクイック、勝つための工夫があるといいイメージを持ってそうです。

阪神も潜在能力の高さを認め、あとは怪我の状態や弱点となるクセがないか判断しているようです。

どちらにしろ3位から4位で指名される可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク

ドラフト7位で日ハムが指名!

日本ハムから7位指名された東京大の宮台康平投手。緊張した表情で報道陣約60人が待つ東大の会議室に姿を見せ「最後まで指名がかかるかわからなかったので、素直にうれしい」と話した。東大の選手がドラフトで指名されるのは2004年以来13年ぶり。東大出身では6人目のプロ選手になる。

出典:朝日新聞より

正直もう少し上位かなーと思っていましたが、最後まで残ってしまいましたね。

しかしドラフトで何位であろうと指名されたことは素晴らしいことです。

宮台選手は冷静に東大だから注目された。と受け止めているようです。

次は実力で注目されて1軍で投げる姿がみたいですね!

父親や彼女のことについて

宮台選手が野球も勉強も頑張っているのはお父さんの影響が強いようです。

宮台選手のお父さんも神奈川の名門高校に所属し、捕手で主砲だったそうです。

また宮台選手のフォームはお父さん基礎を作ったとも言われています。

現在は高校教師で野球部に関係しているとのこと。

やはり子どもを育てるのは親の英才教育も関係があるのでしょうね。

プロのアスリートになるには人との出会いが関係あると言われますからね。

それは親でもいい教育者になることはできるのでしょう。

「プロ野球になって司法試験か国家一種も合格しろ。」と言われたそうです。

どこまで熱い親なんでしょうねwww でも東大の宮台選手なら文武両立してしまいそうですね。

野球もできて勉強もできる宮台選手に彼女はいるのでしょうか。

いつの情報かは定かではないですが、高校からお付き合いしている人がいるようです。

東京新聞のインタビューで彼女に支えてもらっており、2週間に1回くらいはデートしていると答えたそうです。

試合も見にきているそうですよ。

ラブラブでいいですねwwwプロ野球選手になれば自慢の選手でしょう。

隠さずにインタビューする宮台選手にも好感が持てますね。

気が早いですが、このままゴールインできたらいいですね。

宮台康平選手のまとめ

東京大学という勝のが難しいチームでも工夫と努力を重ね勝機を見出した宮台選手。

ドラフト候補で間違いないでしょう。

素材としても面白いですし。2位以降で獲得する球団は必ずあると思います。

大学時代に一度肩を怪我しているのですが、その影響などが気になるところです。

しかし怪我をしたことで怪我をしにくいフォームに変えたようですし、修正能力も注目したいですね。

どこの球団に入るのか本当に楽しみです。

頑張れ宮台選手!!

スポンサーリンク