皆さんこんにちは。
これからFAや新外国人補強とストーブリーグが激しくなってきますね。
個人的には誰がFA宣言するのか興味あります。

本日は横浜DeNAの入団テストを受けた外国人選手を紹介したいと思います。
その選手の名前はネフタリ・ソト選手です。

「ネフタリ・ソト選手のプロフィール」

氏名:ネフタリ・ソト
生年月日:1989年 2月28日 (28歳)
出身地:プエルトリコ
身長:185cm
体重:98kg
ポジション:一塁、三塁、左翼手
右投げ右打ち
Colegio Marista High School
レッズ→ホワイトソックス→ナショナルズ

スポンサーリンク

横浜DeNAにテスト入団?獲得濃厚?

ネフタリ・ソト選手は10月31日から2日間にわたり横浜DeNAの入団テストを受けました。

打撃テストでは国吉投手からバックスクリーンにホームラン&野川投手から左中間にホームラン。

持ち前の長打力を披露していましたね。

守備テストでは外野、サードの練習もやっていましたが守備範囲は少し狭そうでした。

テスト終了後にはスポーツ紙で獲得検討へと書かれていたので、獲得濃厚でしょうね。
ただ、DeNAは一塁にロペス選手、三塁に宮崎選手、左翼手に筒香選手と主軸がいるので、

ソト選手を獲得しても代打起用になるでしょうね。

DeNAは今年代打の起用で苦しんだ場面もありましたので、助っ人外国人を代打起用とはもったいないですが、

年俸が低ければソト選手でもいいですね。

ネフタリ・ソト選手のこれまでの成績は?

ソト選手の今年の打撃成績
ナショナルズ傘下 3A(IL)

68試合 286打席 打率.293(25位)
14本(15位) 出塁率.343(50位)
長打率.517(11位) OPS.860(17位) BB/K0.36 打席/三振5.72 打席/四球15.89

マイナー通算では打率.278 本塁打143とやはり長打力が期待できそうですね。

メジャー経験は2013年と2014年の34試合で活躍はできなかったですが、

2007年のMLBドラフトでシンシナティ・レッズから3巡目で指名され、MLBで期待されていた選手です。

スポンサーリンク

バッティングや守備について

ソト選手の打撃はフリースインガータイプです。
本塁打.長打力が期待できますが早打ち傾向で、四球が結構少なく、三振は多めです。
右投手の外角の変化球にどれだけ我慢できるかですね。

ソト選手の走塁はスピードは遅くはないですが、あまり走塁意識は高くないようです。
併殺打が多く、盗塁も期待できないです。

ソト選手の守備範囲は狭めです。

守備(イニング/守備率/ RF/9)
一塁 317.2/.989/ 10.00
三塁 32.1/.833/ 1.39
左翼 204.2/.979/ 2.07

守備指標を見ても三塁はエラーが多く守れるレベルではないですね。
1番良いのは一塁なので、ロペス選手の控えになるのでしょうか。

ネフタリ・ソト選手のまとめ

MLBドラフト3巡目と期待されていたソト選手。
マイナーリーグはPCLリーグとILリーグがあって、

ILリーグは投高打低なので、ILで結構な成績を残しているソト選手は大きく化ける可能性もあると思います。
正直に言うと、このレベルの選手が入団テストを受けるのは贅沢ですし、非常に珍しいですね(笑)
もし入団できたら代打起用が多くなると思いますが、頑張って大活躍してほしいですね。
頑張れ!ネフタリ・ソト選手!

それではネフタリ・ソト選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク