皆さんこんにちは。
ストーブリーグに入り、少しずつですが新外国人選手の補強話が出てきましたね。
本日はNPBに来るか?と噂されているディエゴ・モレノ投手を紹介したいと思います。

「ディエゴ・モレノ投手のプロフィール」

氏名:ディエゴ・ラファエル・モレノ
生年月日:1987年 7月21日 (30歳)
出身地:ベネズエラ・ミランダ州
身長:185.4cm
体重:81.6kg
ポジション:投手
右投げ右打ち
プロ入り:ピッツバーグ・パイレーツ
メジャー契約:ヤンキース→レイズ

スポンサーリンク

ディエゴ・モレノ選手は阪神が獲得?

阪神タイガースがリリーフを強化する目的でディエゴ・モレノ投手の獲得を目指していると8日のスポーツ紙で報じられましたね。
阪神はマテオ投手、ドリス投手とリリーフの助っ人はいますが、疲れが出てきたり、

不調になる時期もあるので支配下の枠が余っているなら獲得しても面白いと思います。
もし阪神が獲得したら上記の2投手との争いになると思いますね。

ただ契約について1つ心配なのが、モレノ投手は10月上旬に来季のマイナー契約を自ら拒否し、

活躍の場を求めてフリーエージェントになることを選択したので、

NPBで実績のあるマテオ投手、ドリス投手がいる阪神に本当に来てくれるのか少し不安ですね。
他のNPBの球団がモレノ投手の調査をしているかわからないですが、

他球団にいったほうがチャンスは多いと思いますね。

阪神がモレノ投手を獲得!

 

阪神は11日、来季の新外国人としてディエゴ・モレノ投手(30)を獲得したと発表した。

出典:日刊スポーツより

マテオとドリスがいるのに本当に阪神に来てくれましたね。

いい中継ぎ投手は何人いても心強いです。

どこかのタイミングで昇格もあるでしょう。

剛球に期待しておきます。

スポンサーリンク

球速、コントロール、球種は?

モレノ投手の最高球速は156キロです。
スポーツ紙では153キロと書いていますが、全くの嘘なので信じないでください!
平均球速は152.6キロなので、ストレートでも十分に勝負できる投手です。
ストレートが少しシュート回転するが、

150キロ以上のシュートは右打者にとって打ちにくいでしょうね。

モレノ投手のコントロールは普通ですが、

勝負球となるチェンジアップが高く浮いたり、バラつくことがあります。
ただ、マイナー10年の※K/BB3.67と優秀で、

四球を多く出して自滅する投手ではないのでそこまで心配する必要もないと思います。
※ K/BBとは奪三振と与四球の比率で、投手の制球力を示す指標の1つ。

3.5を超えると優秀。

モレノ投手の変化球の球種はスライダー、カーブ、チェンジアップです。
勝負球は140キロ前後の高速チェンジアップです。
このチェンジアップは日本でも珍しいので確実に通用すると思いますが、

上記で書いたように少し制球できない場面もあるので、低めに集められるようになれば完璧ですね。

以前に書いた通り、高速チェンジアップは魔球と呼ばれているようですね。

「魔球」高速チェンジアップを披露した。通常は打者のタイミングを外す緩いボールだが、モレノは違った。スピードは速く、ストンと落ちた。

「最初にしては、沈んだね。マウンドも違和感なく、投げられたよ。ボールが違うことに気づいた。少し小さいね。大したことではない。慣れていきたい」

出典:日刊スポーツより

日本とMLBのボールの違いを感じているようですが、

思った以上にコントロールもできているようですね。

実戦でどれだけ投げれるのか早くも楽しみです。

モレノ投手のMLBでの成績は?

・モレノ投手の今年のメジャーでの成績
5試合(タンパベイ・レイズ)
5.2回 被安打6 四死球2 奪三振6
防御率4.76

・メジャーでの通算成績
9試合(ヤンキース、レイズ)
15回 1勝1敗 四死球5 奪三振14
防御率5.06

・今年のマイナーでの成績
21試合(インディアンズ傘下)
29.1回 被安打18 四死球5 奪三振29
防御率0.91

メジャーではあまり活躍できなかったですが、今年マイナーでは無双していますね。
マイナー通算では104試合、12勝4敗、防御率3.50の成績を残しています。
今年はマイナーで無双しましたが、今まではあまり安定した成績ではなかったので、少し心配な部分もあります。
今年のマイナーでの調子を維持してNPBに来てくれることを願うのみですね。

ディエゴ・モレノ投手のまとめ

阪神タイガースが獲得を目指しているディエゴ・モレノ投手。
まだ1つのスポーツ紙でしか報じられてないので、本当なのか少し疑問はありますけど、

獲得できたら頑張ってほしいですね。
あの高速チェンジアップは珍しいので、

阪神の日本人投手も握り方など教えてもらって使えるようになれば面白いと思います。
モレノ投手がマテオ投手、ドリス投手に勝つにはキャンプでの実戦で猛アピールするしかないですね。
チャンスはあると思うので期待しています。
頑張れ!ディエゴ・モレノ投手!

それではディエゴ・モレノ投手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク