皆さんこんにちは。
今回は日本ハムの外国人補強第1弾のマイケル・トンキン投手の紹介をしたいと思います。

「マイケル・トンキン投手のプロフィール」

氏名:マイケル・ハービー・トンキン
生年月日:1989年 11月19日 (27歳)
出身地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州
身長:200.7cm
体重:99.8kg
ポジション:投手
右投げ右打ち
プロ入り:ミネソタ・ツインズ

スポンサーリンク

日本ハムがトンキン投手を獲得?年俸は?

米地元紙セントポール・パイオニアプレスのマイク・ベラルディーノ記者が自身のツイッターで

日本ハムが、米ツインズのマイケル・トンキン投手と2年210万ドル(約2億3900万円)で契約合意したと報じましたね。
これはマーティン投手が移籍するのか少し心配になりますね。
もしマーティン投手が残留でトンキン投手も獲得となればリリーフ陣が厚くなりますね。

年俸も2億3900万円+出来高5680万円と高めなので、

日本ハムからしたら移籍1年目から絶対に活躍すると確証がある補強ですね。
日本ハム含むNPB5球団が獲得を狙っていたみたいなので、

期待値は高いでしょうね。

球速やコントロール、変化球の球種は?

トンキン投手の最高球速は156キロです。
平均球速も約152キロと速く、NPBではストレートで勝負できる投手。
身長は2mあるが、投球フォームはスリークォーターなので、そこまで角度はないですね。

トンキン投手のコントロールは良いほうですね。
四球で崩れたり、自滅するタイプではないです。

トンキン投手の変化球はスライダー、カットボール、チェンジアップ、ツーシーム(シンカー)です。
基本的には速いストレートを軸にスライダーを混ぜるスタイルです。
メジャーではスライダーで多く三振を奪って武器として使っているが、

年々被打率も上がっているので少し心配でもあります。

あとはクイックが苦手なので、日本で足が速いランナーが出ると走ってくるでしょうね。

スポンサーリンク

マイケル・トンキン投手のこれまでの成績は?

トンキン投手のメジャーでの成績は
2013年
9試合 11.1回 被安打9 四死球3
奪三振10 防御率0.79

2014年 ツインズ
25試合 19回 被安打23 四死球6
奪三振16 防御率4.74

2015年 ツインズ
26試合 23.1回 被安打21 四死球9
奪三振19 防御率3.47

2016年 ツインズ
65試合 71.2回 3勝2敗 被安打80
四死球24 奪三振80 防御率5.02

2017年 ツインズ
16試合 21回 0勝1敗 被安打22
四死球12 奪三振24 防御率5.14

メジャー通算成績
141試合 146.1回 3勝3敗 被安打155
四死球54 奪三振149 防御率4.43

メジャーでは緩急や引き出しの少なさなどが原因であまり良い成績は残せなかったですね。

ただマイナー(3A)通算では
133試合 160.1回 10勝9敗43セーブ 防御率2.41 WHIP1.05 奪三振率10.6
与四球率2.1
と安定して好成績を残しているので、NPBでは十分に通用すると思います。

課題でもある緩急、引き出しの少なさもNPBではストレートで圧倒できる分、

あまり問題にならないかもしれないです。
左打者を苦手にしているので、

そこをカットボールを上手く使えるかで変わってくるでしょうね。

あとはフライボーラーなのでヒットが長打になりやすいが、

本拠地が広い札幌ドームなので良かったですね。

マイケル・トンキン投手のまとめ

メジャーでもドラフトで入団後は若手有望株と期待されたマイケル・トンキン投手。
メジャーでは良い成績を残せてはいないが、メジャー登板が多い投手ですね。
まだ27歳と若く、数年NPBで活躍できたらMLBに戻る可能性も大いにあるでしょうね。
そうなる為にもNPBでしっかりと活躍してほしいですね。
個人的にはNPBでは活躍できると思うので期待しています。
頑張れ!マイケル・トンキン投手!

それではマイケル・トンキン投手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク