皆さんこんにちは。
本日は阪神タイガースが調査している大砲のオズワルド・アルシア選手を紹介したいと思います。

「オズワルド・アルシア選手のプロフィール」

氏名:オズワルド・セレスティーノ・アルシア
生年月日:1991年 5月9日 (26歳)
出身地:ベネズエラ・アンソアテギ州
身長:182.9cm
体重:99.8kg
ポジション:レフト、ライト
右投げ左打ち
プロ入り:ミネソタ・ツインズ
経歴:ツインズ→レイズ→マーリンズ→パドレス

スポンサーリンク

阪神がオズワルド・アルシア選手を調査?巨人は?

今朝(11月11日)のスポーツ紙で阪神タイガースがオズワルド・アルシア選手を新外国人候補として、

リストアップしていると報じられましたね。
アルシア選手が候補に入っているので、

今回は右左。ポジション関係なく本当に大砲の選手を獲得したいと考えているようですね。

前評判通りの実力でNPBに来る可能性のある選手で言えば、

一塁を守れるロザリオ選手が阪神にとって1番マッチしていますが、

まだMLBを希望していることもあり、アルシア選手、バルガス選手の可能性も0ではないと思います。
SNSでの阪神ファンの反応を見ると「外野手はいらない。左打ちは浜風でダメ」と言う声が数多くあり、

確かにそうかもしれないですが、アルシア選手くらいのパワーがあれば浜風とかそこまで関係ないと思いますし、

私はアルシア選手をNPBで観たいですね。

26歳でメジャー経験がある選手がNPBに来ることは滅多にないですからね。
正直もしNPBに来たら2年ぐらい来るのが早い選手ですね。

少し年俸は高くなると思いますが、

NPBでレフト、ライトを守れる左打ちの外国人選手を探している球団には1番良い選手だと思います。
特に巨人はマイコラス投手がMLBに戻った場合、同じ投手を獲得となれば可能性はないですが、

野手を獲得したいと考えているなら大砲・レフト・左打ちと補強ポイントにピッタリだと思いますよ。

スポンサーリンク

日本ハムが獲得!年俸は?

日本ハムは15日、前ダイヤモンドバックス傘下のオズワルド・アルシア外野手(26)と契約合意したと発表した。

1年契約で、年俸は推定1億3000万円プラス出来高。背番号は未定。ベネズエラ出身。身長183センチ、体重103キロの左打者で、13年にツインズでデビュー。4年間でメジャー通算44本塁打を放った。「打者大谷」に代わる左の強打者として中軸を期待されている。「大事な場面でしっかりとした働きができるよう、春季キャンプに向け準備を進めます」とコメントした。

出典:日刊スポーツより

阪神が獲得すると思っていましたが違いましたね。

阪神はロザリオ一本にずっと絞っていたのかもしれません。

大谷選手が抜け投打ともに戦力ダウンとなるので、

そこの穴埋めにきたようです。

日本でどのようなバッティングをみせることができるのか、

期待しておきましょう。

バッティングや守備の評価は?

 

アルシア選手の打撃面は長打力が売りの左打者です。
メジャーで13年14本塁打、14年20本塁打、16年8本塁打とホームランを打てる選手です。
NPBに来たら多くのホームランが期待できます。
反対方向にもホームラン、長打を打てますが、基本的には引っ張りが多いプルヒッターです。
内角の低めを打つのが上手く、ストレートにも強いです。
ただ、メジャーでは四球が少なく三振が多かったですね。

アルシア選手の走塁は、足は速くなく走塁面は期待しないほうがいいです。
盗塁も少なく、走塁の意識はあまりないですね。

アルシア選手の守備は守備範囲も狭く、守備自体も上手くないです。
レフト、ライトで通算守備率.980と数字でも悪く、2013年、2014年と2シーズン連続で、

外野でマイナス10より悪い※DRSを記録しており、守備面は期待しないほうがいいです。

※DRSとは野球における守備力を測るための指標です。
例えばDRSが5であると、その選手がシーズンで平均的野手と比べて5点防いだということになり、

マイナス5ならば、平均的野手と比べて5点余計に与えたということになる。

これまでのメジャーや3Aでの成績は?

アルシア選手のこれまでのメジャーでの成績は

2013年 ツインズ
97試合 372打数 打率.231 安打86
本塁打14 打点43 三振117 OPS.734

2014年 ツインズ
103試合 351打数 打率.251 安打88
本塁打20 打点57 三振127 OPS.752

2015年 ツインズ
19試合 58打数 打率.276 安打16
本塁打2 打点8 三振15 OPS.718

2016年 レイズ、マーリンズ、パドレス
69試合 202打数 打率.203 安打41
本塁打8 打点23 三振80 OPS.637

通算成績 4年
288試合 983打数 打率.235 安打231
本塁打44 打点131 三振339 OPS.720

メジャーでは本塁打は記録していますが、

打率が低く三振が多く少しメジャーの良い投手に苦労しています。
3Aでは今季98試合に出場し、

打率.326 本塁打24 打点87 OPS1.049と好成績を残しています。
投高打低のILでも過去3年で打率.300、OPS.950以上を2度記録しているので、

NPBでは十分に通用すると思います。
3Aでは四球数が増え、三振も年々減っているようですね。

オズワルド・アルシア選手の弟は?

アルシア選手の弟のオーランド・アルシア選手もメジャーでプレーしています。

今年はブルワーズのレギュラーとして試合に出場し、

506打数 打率.277 安打140 本塁打15 打点53と若いですが良い成績を残しています。
このまま来年も活躍してレギュラー定着してほしいですね。
弟のオーランド・アルシア選手にも注目です。

オズワルド・アルシア選手のまとめ

大砲候補のオズワルド・アルシア選手。
是非、日本で観てみたい選手ですね。
阪神じゃなくても、他球団でもいいので日本に来てほしいです。
ただ、上記で書いたようにまだ26歳と若く、

NPBに来るのは2年ぐらい早い選手だと思うので、

アルシア選手はまだMLBでプレーしたいのではないでしょうか。
MLBに残ったとしても個人的に応援していきたい選手ですね。
持ち前の長打力を発揮して頑張れ!オズワルド・アルシア選手!

それではオズワルド・アルシア選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク