皆さんこんにちは。
本日からENEOS アジア プロ野球チャンピョンシップ2017が始まりましたね。
今回はその日本代表に選手された野田昇吾投手を紹介したいと思います。

「野田昇吾投手のプロフィール」

本名:野田 昇吾 のだ しょうご
生年月日:1993年 6月27日 (24歳)
出身地:福岡県糸島市
身長:167cm
体重:72kg
ポジション:投手
左投げ左打ち
2015年 ドラフト3位
年俸:1300万円 (2017)
鹿児島実業高→西濃運輸→埼玉西武ライオンズ

スポンサーリンク

これまでの成績は?

野田投手は2016年6月28日の日本ハム戦で1軍初デビューし、

1回 被安打1 奪三振3 無失点と好投しました。
そこから少しずつチャンスを貰い、頭角を現しましたね。

2016年
22試合 18.1回 4ホールド
被安打21 与四球5 奪三振15 自責点8
防御率3.93

2017年
38試合 36.1回 1勝1ホールド
被安打21 与四球15 奪三振26 自責点8 防御率1.98

通算成績(2016年〜2017年)
60試合 54.2回 1勝5ホールド
被安打42 与四球20 奪三振41
自責点16 防御率2.63

2017年は開幕1軍入りも、シーズンで3度の2軍落ちを経験しました。
それでも与えられたチャンスの場では、しっかりとアピールできたと思います。
このまま来年も活躍してほしいですね。
また、ENEOS アジア プロ野球チャンピョンシップ2017の日本代表なので、今日から頑張ってほしいですね!

スポンサーリンク

球速やコントロール、変化球の球種は?

野田投手の最高球速は148キロで、平均球速は140前後です。
去年までは最速147キロでしたが、今シーズン1キロ更新し、148キロになりました。
投球フォームはスリークォーターで、投げっぷりが良いです。

野田投手のコントロールはややバラつきに不安があります。
イニングの割に四球が多く、リリーフで与四球率3.71と少し高めですが、四球で崩れたりとかはないです。
少しずつ改善はしているので、来年は与四球率を低くしたいですね。

野田投手の変化球の球種はスライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリット、ツーシーム(シュート)です。
プロ入り後はスライダーとツーシームの球種しかほぼ投げてないです。
基本的にはストレートを軸にスライダーを混ぜる投球スタイルです。

野田昇吾投手のインスタについて

野田投手はインスタをやっています。
同じチームの若手と楽しく写っており、

ファンは選手の状況などがわかり、嬉しいでしょうね。
最近では同じ日本代表の甲斐拓也選手(ソフトバンク)と2ショットを撮っていましたね。

野田昇吾投手の彼女は?

野田投手の彼女の存在ですが、色々と調べましたが、何も情報はなかったです。
まだ全国的に知名度は低いので、

これから活躍したらそういう情報も載るかもしれないですね。
また分かり次第、追記していきたいと思います。

野田昇吾投手のまとめ

日本代表に選出された野田昇吾投手。
本来なら山岡投手(オリックス)でしたが、

山岡投手が怪我をしたので代替選手として野田投手が選ばれました。
起用方法は左打者相手のワンポイントとか左打者が続いた時の登板になると思いますが、

しっかりと自分の役割を果たしてほしいですね。
今日から始まるENEOS アジア プロ野球チャンピョンシップではしっかりと応援したいと思います。
頑張れ!野田昇吾投手!

それでは野田昇吾投手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク