みなさんこんばんは。

今日は巨人を戦力外になった村田修一選手について調べていきましょう。

何とか所属球団も決まって一安心ですね。

 

〇関連記事〇

村田修一が独立リーガーに!BC栃木入団。年俸のダウンはどれくらい?

〇村田修一のプロフィール〇

村田 修一 むらた しゅういち
出身地 福岡県糟屋郡篠栗町
生年月日 1980年12月28日(36歳)
身長 177 cm
体重92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手、一塁手、二塁手
プロ入り 2002年 自由獲得枠
初出場 2003年3月28日
年俸 2億2,000万円(2017年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
東福岡高等学校
日本大学
横浜ベイスターズ (2003 – 2011)
読売ジャイアンツ (2012 – 2017)
国際大会
代表チーム 日本の旗日本
五輪 2008年
WBC 2009年

出典:Wikipediaより

そもそもなぜ巨人を戦力外になったのか?

多くの意見は村田選手が途中で巨人に加入した外様だからというもの。

しかしそれだけではないように感じます。

巨人は生え抜きの主力選手が高齢化、阿部に長野選手もベテランの域に。

二人とも怪我からの不振などが目立つようになってきましたね。

唯一頑張っているのは坂本選手かと・・・・

そんな巨人は若返りを図ろうとしています。

というかショートのレギュラー坂本選手以降は目立った若手野手が育っていないように感じます。

なのでベテラン組の放出となったのです。

そこで37歳になる村田選手を戦力外にしたってわけです。

戦力外にすれば今の2億円の年俸が下がり他球団も獲得しやすくなるはずでしたが、

巨人の思惑は見事に外れ誰も村田選手の獲得に未だ名乗りを上げていません・・・・

3月に入り、やっと独立リーグに所属することが決定しました。

まさかの出来事。

ネックはやはり年俸なのか・・・・

スポンサーリンク

各球団の主な一、三塁選手。

村田選手が守れるポジションは一塁と三塁

各球団のレギュラー、控え候補の選手を見ていきましょう。

〇横浜 一:ロペス、佐野、白根

三:宮崎、ソト

去年大活躍した二人がもちろんレギュラー。横浜の主軸ですね。

 

 

〇阪神 一:ロサリオ、大山、原口

三:鳥谷、大山、糸原、陽川

阪神が一番ないかもしれませんね。野手争いが激化している気がします。

 

〇広島 一:新井、エルドレッド、メヒア

三:安倍、西川、堂林、小窪

広島もいい野手がたくさんいますね。若手の成長も著しいです。

 

〇中日 一:ビシエド、福田、石岡

三:福田、高橋、堂上、亀澤、谷、石垣

中日も頑張ってほしい若手、そして成長をみせる福田選手など。揃っている気はします。

存在感あるビシエド選手もいますしね。

 

〇巨人 一:阿部、宇佐見?

三:マギー、岡本

案外、巨人が一番しっくりくる気がしますね。若手の成長にかけているんだろうけど。

上手くいくのか。

 

〇ヤクルト 一:畠山、大村、西田、大松

三:川端、廣岡、藤井

ヤクルトも主力級の選手もいますし、怪我さえなければって感じでしょうか。

 

〇ソフトバンク 一:内川、吉村、明石、江川

三:松田、川島、西田

ソフトバンクについては何も言いません。強いですwww

 

〇日ハム 一:中田、清宮、横尾、田中賢

三:レアード、横尾、石井

中田、レアード、清宮選手の打線は怖いですね。ブレイクしそうな横尾選手もいます。

 

〇西武 一:山川、メヒア、浅村

三:中村、外崎、呉、山田、西川

西武も野手は若くて打てる選手がたくさんいますね。厳しいイメージが。

 

〇楽天 一:銀次、アマダー、今江

三:ウィーラー、今江、オコエ

毎年一定の成績を残している選手がいますね。怪我しないと枠は空かないでしょうか・・・

 

〇ロッテ 一:福浦、井上、ドミンゲス、安田

三:鈴木大、中村、大嶺、ドミンゲス

助っ人外国人も獲得しましたし、ロッテもないかな・・・・

 

〇オリックス 一:中島、小谷野、マレーロ

三:小谷野、中島、

オリックスも主力メンバーを一塁に回せる余裕がありそうです。

ベテラン組、助っ人外国人を含め打撃自慢の選手が今年は揃っていますね。

 

こう考えると、一三塁はやはり打てる選手のポジションな気がしますね。

個人的には村田選手の守備の衰えはあると思います。

年々守備範囲というのは狭くなっていくもので、

球界屈指の名手のジーター選手や鳥谷選手も30半ばを過ぎると守備範囲が狭くなっていました。

しかし、打撃は経験でカバーできる部分でもありますし、

去年の活躍をみるとまだできると思っています。

代打だと怖いのですが・・・・

代打に高年俸を出すのはもったいないですよね。

NPBで獲得する球団はないのでしょうか。

年俸が下がれば獲得はありえるかな?

今後獲得する球団はあるのか?独立リーグからはオファー有。

現在のところはNPBからテストやスカウトは全くないようです。

村田選手も精神的に参っているのではないのかなと思いますね。

(現役を)続けるなら独立リーグを選択できればと考えている。1月中に(NPB球団から)電話が鳴り、テストという話があれば準備していたが、それがないならば次のステップに進む状況かなと思う。独立リーグはいろんなところから話が届いて、判断している最中です。

独立リーグからは複数のオファーを受けている。同リーグ行きを決断する場合、球団を選択するポイントは明確にある。(1)NPB球団からオファーが来れば退団できること(2)NPBの支配下登録期限の7月末までの限定所属を容認してくれること(3)家族も理解を示してくれる球団であること(4)地域貢献ができること。「今月中に話ができればと思うが、迷いもある」

出典: 日刊スポーツより

あくまで、第一志望はNPBということのようですが。

キャンプが始まっても決まっていないのは不安なんでしょう。

独立リーグのオファーはあるようなので、

夏までは独立リーグでプレー。

選手がバテてきたり補強したくなったらNPBと考えているのかもしれませんね。

寂しいですね。

これだけ実績があり、去年も素晴らしいホームランを打っていたのにね。

まさかここまで長引くとは思いませんでしたね。

いつかの元近鉄の中村選手を思い出します。

バッティングセンターで練習する様子がニュースになっていましたね。

そこからカムバックしたのですけど。

村田選手は独立リーグにいくのかどうなるやら。

横浜時代は素行が悪かった?

横浜から巨人に移籍した村田選手。

選手会長を務め4番で主力だった村田選手。

横浜を抜けたイメージが悪かったのか、

素行が悪いとか嫌いだ。という人が少ないようですがいるようです。

また、巨人のベンチでいる雰囲気がふてぶてしいと思っている人もいるみたいですね。

仲が良い選手もいるようですが、どちらかというと一匹狼タイプのようです。

ベテラン選手には成績だけではなく、若い選手の参考になるような人柄やリーダーシップも必要とされるところがありますので、

もしかするとその部分も評価に入っているのかもしれませんね。

TVで見ているだけでは全ては分かりませんが、

球団内でもきっと派閥なんかはあるんでしょうね。

村田修一選手のまとめ

村田選手の就職先はもう少し時間がかかりそうですね。

そろそろ独立リーグに決定してしまいそうです。

そのあとは打者を補強したい球団があれば、手を上げるかな。

というところでしょう。

まださび付いてないと思いますし、

今年どこかの球団で活躍する姿が見たいですね。

去年のインコースを綺麗に捌いた特大ホームラン。

芸術的なバッティングに期待しておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク