皆さんこんばんは。

ダルビッシュ有選手のFAが決定いたしました。

所属球団がやっと決まってよかったですね。

去年のワールドシリーズでの悔しそうな顔が忘れられません。

個人的にはドジャースで残ってほしかったですが・・・・

仕方ないですね。

少しばかり所属先のシカゴカブスについてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

シカゴ・カブスはこんな球団。所属選手は?

シカゴ・カブスは2016年に108年ぶりにワールドシリーズで優勝しました。

 

アトランタ・ブレーブスと共に1871年創設の古い球団であり、創設以来本拠地を移転していないチームとしては最も長い歴史を持つ。

メジャーリーグ黎明期はナショナルリーグ優勝16回、ワールドシリーズ優勝2回を誇る強豪だったが、

その後は長期に渡って優勝を果たせず、リーグ優勝は1945年から2016年まで71年間、

ワールドシリーズ優勝に至っては1908年から2016年まで108年間遠ざかっていた。

出典:Wikipediaより

ずっとヤギの呪いだ。とか呪われているなんて言われていましたね。

強豪チームなのに、なぜか優勝できないという噂が・・・・

かなーり歴史が古い球団で、人気も高いです。

過去には現ソフトバンクの和田投手、阪神の藤川選手などなど。

日本人選手もお世話になっている球団でもあります。

 

MLBでも屈指の人気チームで、同じくシカゴを本拠地とするシカゴ・ホワイトソックス(2005年のワールドチャンピオンチーム)を人気面では凌駕している。

本拠地球場のリグレー・フィールドは、ボストン・レッドソックスのフェンウェイ・パークに次ぎ、全米で2番目に古いMLBの球場として有名。外野フェンス全体を覆うツタが名物となっており、これは1937年に当時のオーナーであるビル・ベックが考案したものである。

出典:Wikipediaより

スポンサーリンク

今年はFA市場が停滞気味。なぜカブスを選んだのか?

今年のFA市場はトップクラスの選手が1月末になっても決まらない異例の状況でした。

ダルビッシュ選手だけでなく、JDマルティネス選手やジェイク・アリエッタ選手なども決まっていませんでした。

日本で例えると、広島の丸選手や西武の菊池選手のFAが決まらないって感じでしょうか。

所属が決まらないと2月からのキャンプにも参加できません。

停滞した理由はトップクラスから決まっていかないから、

その下の選手も所属先が決まらなかったようです。

その影響で青木選手は日本に帰ってきましたし、

イチロー選手もまだ決定していません。

もう一つの原因は年俸を吊り上げる代理人が影響して、交渉が停滞しているようです。

交渉は代理人の仕事ですからね・・・・

にしても今年の遅さは異常事態です。

ダルビッシュ選手がカブスを選んだ一番の理由は、

やはりワールドシリーズ制覇の可能性があるから。

あとで紹介しますが、カブスには若くて素晴らしい選手が多くいます。

ダルビッシュ選手の加入で今年も優勝候補であると考えられますね。

年俸は何十億円?笑

ダルビッシュ選手のような一流先発投手はだいたい年俸はいくらになるのでしょうか?

複数の米メディアによると、契約は総額1億2600万ドル(約136億円)で出来高払いが付き、2年目終了後にダルビッシュ投手が破棄する権利を持つという。

出典:サンスポより

6年契約なので年俸約22億円ですか。

想像もできない金額ですねwww

メジャーの先発はやはりお金が違いますね。

もちろんトップクラスの選手だけですが。

カブスに所属の有名選手を勝手にご紹介。

ハビアー・バエズ・・・・プエルトリコのWBCの最優秀二塁手で忍者のような守備。肩も強く。小柄だがパンチ力もある。

まだ25歳ですがもうメジャーを代表する二塁手になりそうです。

遊撃手をすることもあります。

 

ベン・ゾブリスト・・・・それなりに打って、守って、走れる。内外野複数ポジションをこなすことができ、チーム貢献度がかなり高い選手。こういう選手がチームにいると非常に助かります。

 

クリス・ブライアント・・・・パワーはメジャートップクラス、打率や出塁率も高くメジャーを代表する三塁手に成長。

まだ26歳と更なる成長も期待できそうです。あとイケメンw

 

アンソニー・リゾ・・・・28歳。4年連続30本塁打、3年連続100打点、打率も.280前後。出塁率も.380付近と安定して好成績を残す選手。守備も良くカブスを代表する選手の一人ですね。

 

他にもいい選手はいますが、ここらへんがどうしてもご紹介したい選手ですね。

ダルビッシュ有選手のまとめ

いろいろご紹介してきましたが、

シカゴ・カブスでWSに出場し優勝する姿が見たいですね。

今年は圧倒的なピッチングを期待しています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク