皆さんこんにちは。
もうすぐ春の選抜高校野球が始まりますね。
どこが優勝するのか楽しみですね!
本日は選抜で注目されるであろう増田陸選手を紹介したいと思います。

「増田陸選手のプロフィール」

本名:増田 陸 ますだ りく
生年月日:2000年 6月17日 (17歳)
出身地:大阪府大阪市出身
身長:178cm
体重:78kg
ポジション:遊撃手
右投げ右打ち
梅香小(軟式野球)→春日出中(大阪福島シニア)→明秀学園日立高

スポンサーリンク

 

増田陸選手はドラフト候補?

増田選手は今の段階で今年のドラフトでは中位指名〜下位指名予想だと思います。
まだスカウト評価のコメントはないですが、

選抜で活躍すればスカウトのコメントも出るでしょう。

今年の同じポジションで高卒のドラフト候補の選手と比較すると、

上位で根尾、小園選手が指名され、

次に太田、田中、日置、増田の4人の指名を考える球団が多いと思います。
まだ全国での経験がなく、

選抜甲子園で全国の投手から打って活躍するとドラフト指名は確実になってくるでしょうね。

春の甲子園、夏の甲子園とアピールする場があるので、

それを踏まえてドラフト前に予想順位の変更もしたいと思います。

スポンサーリンク

 

増田陸選手のこれまでの成績は?

増田選手は1年の時から明秀学園でベンチ入りし、1年の秋からレギュラーの座を掴みます。
2年の夏の茨城県予選では3番を打ち3試合で12打数3安打、打率.250の成績を残します。

2年の秋の新チームでは主将になり、

1番.遊撃手として試合に出場してチームを引っ張り、

秋の茨城県大会で見事に優勝します。
続く関東大会では4試合で20打数5安打、本塁打2、打点6、打率.250を記録し、

準優勝に導きました。

17年 夏の県予選
3試合 12打数3安打 打率.250

17年 秋の全成績
33試合 139打数51安打 打率.367 本塁打5
打点51 三振4 四死球14 盗塁4 出塁率.425
長打率.619

17年 秋の公式戦のみ
10試合 46打数18安打 打率.391 本塁打2
打点15 三振1 四死球3 盗塁4 出塁率.429
長打率.739

増田陸選手の打撃.走塁.守備の評価は?

増田選手のバッティングは前でボールを捌くタイプで、右方向にも長打が打てるのが魅力の選手です。
とにかく打撃センスがよく、左肩の捻りもあまりなく、

テークバックも大きくないので速いストレートにも対応できそうなフォーム、打ち方です。
高校通算本塁打17本。

増田選手の走塁は50m6秒2と普通です。
次の塁を狙う姿勢などはありますが、盗塁は多くないです。

増田選手の守備は守備範囲も結構広く、フットワークも良く、

捕球の基礎がしっかりとしています。
肩も遠投100mと結構強く、

遊撃手の深いポジションから強い送球ができます。

ソフトバンクの松田選手に似てる?

そうです!増田選手のフォーム・打ち方はソフトバンクの松田選手にソックリです。
バットを肩に乗せて、小さいテークバックから前でボールを捌く前テギュン打法です。
元々、明秀日立の金沢監督の打撃指導は軸足に体重を残して打つというものだったのですが、

どうしてもその打ち方が上手くいかなくて、

監督と相談し前の足に軸を移して球を前で捉えるという打ち方に変えてから打撃が開花したみたいですね。

増田選手は打ち方だけではなく、スイングした後にケンケンもするので、本当に松田選手にソックリです。

増田選手は松田選手に憧れており「プレーが熱いし、かっこいい。自分も気持ちでいくので」

と松田選手のプレイスタイルを参考にしているそうです。

左足のルーティンについて

増田選手は打席に入ると左足を大きく上げてから構えます。
高く足を上げるルーティンですが、

増田選手は「自分は股関節が硬いので、自分で決めて新チームから始めました。」

とルーティンについて語っています。
是非、甲子園を観る方はこのルーティンも注目して観てもらいたいです!

増田陸選手のまとめ

増田選手は中学時代に大阪福島シニアで野球をしていましたが、

チームメイトに大阪桐蔭の主将の中川選手、

早稲田実業の主将の野村選手がいました。
春の選抜では大阪桐蔭と同じブロックなので勝ち進むと対決があるので、

お互いとても楽しみでしょうね。
早稲田実業は春の選抜には出られないですが、

もし夏に出場し、3校とも出られたら盛り上がると思います!
増田選手自身は春の選抜では大活躍するのはもちろんですが、

松田選手ソックリのフォーム、ケンケン、左足を高く上げるルーティンにも注目して観たいと思います!
大暴れを期待しています!頑張れ!熱男ォォ〜増田陸選!!

それでは増田陸選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク