皆さんこんにちは。
本日は選抜注目選手の紹介第6弾です。
今回は静岡高校の打線のキーマン成瀬和人選手を紹介したいと思います。

「成瀬和人選手のプロフィール」

本名:成瀬 和人  なるせ かずと
生年月日:2000年 7月12日 (17歳)
出身地:静岡県掛川市
身長:178cm
体重:80kg
ポジション:三塁手
右投右打
土方小→城東中(軟式野球部)→静岡高

 

スポンサーリンク

 


成瀬和人選手はドラフト候補?

成瀬選手は今の段階で今年のドラフトでは下位指名予想だと思います。
スカウト評価はまだないですが、成瀬選手は17年の選抜、

神宮大会と全国大会でも結果を出しているので、各球団リストに入っているはずです。
特に今のプロ野球界は長打力のある若い三塁手が少ないので、

長打力のある成瀬選手をドラフトで指名して2軍でじっくりと育成するのも良いと思います。

選抜、これからの大会次第で予想順位も変わるので、またドラフト前に更新したいと思います!


成瀬和人選手のこれまでの成績は?


成瀬選手は中学時代は投手でしたが、

静岡高校の野球部に入部後に野手に転向します。
1年の秋から4番レフトとしてレギュラーの座を掴み、

東海大会では4試合全てで複数安打を記録し優勝に導きます。
続く神宮大会では、初戦の早実戦に負けはしたものの、

成瀬選手は2安打を記録します。

2年春の選抜では、2回戦の大阪桐蔭戦で敗退したものの、

2試合で7打数4安打 打率.571 打点5を記録し、

全国大会でもアピールします。

2年夏の県予選では準決勝で敗退するが、

ホームランを含む11打数7安打 打率.636 打点6を記録します。

2年秋にレフトからサードにコンバート。
打撃の方では、力みと軸足が突っ込み気味で不調でしたが、

栗林監督とマンツーマンで右足の使い方の改善とリラックスすることで復調。

17年 秋 公式戦
14試合 47打数14安打 打率.298
本塁打1 打点12 三振4 四死球14 盗塁2

17年 秋 全試合
28試合 85打数29安打 打率.341
本塁打2 打点25 三振9 四死球35 盗塁2
出塁率.533 長打率.482 OPS1.016


成瀬和人選手の打撃.走塁.守備の評価は?


成瀬選手のバッティングは広角に鋭い打球、長打が打てる強打者。
長打ばかりではなく、上手く合わせる技術も持っており、

本人は巧みなバッティングを目指している。
打撃フォームはバットを少し高めで、

どっしりと構えるフォーム。
四死球&出塁率を見てもわかるように選球眼が良い打者です。

成瀬選手の走塁は50m6秒2と普通です。
盗塁数も少ない。

成瀬選手の守備は秋の公式戦14試合3失策、秋の全試合28試合3失策。
守備範囲は普通ですが、

中学時代にサードもやっていましたが、

高校では昨秋にレフトからサードにコンバートしているので、

練習次第ではまだまだ上手くなるでしょうね。
肩も強いです。

スポンサーリンク



静岡高校の部長が異動?


成瀬選手をつきっきりで守備指導をしていた大石卓哉部長が4月1日付で母校の掛川西に転任することが決まりました。
ミーティングで異動の知らせを聞いた選手は涙したみたいですね。
成瀬選手も「ある程度、覚悟していましたがショックです。全力で堂々としたプレーを大石先生に見せたいです。」

と話しており、選抜で恩返しができたらいいですね。

大石部長は「成瀬がホームラン打たないかな。」と言っているので、

選抜ではホームランも期待したいですね。


成瀬和人選手のまとめ

静岡高校で4番を打つ成瀬和人選手。
若くて長打も打てる三塁手は今のプロ野球では少ないので、

どうしても成瀬選手に期待したくなりますね。
異動が決まった大石部長の為にも選抜でホームランを打って、

勝利に貢献してほしいと思います。
選抜での活躍を期待しています!
頑張れ!成瀬和人選手!

それでは成瀬和人選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク