皆さんこんにちは。
本日は選抜注目選手の紹介第五弾です。
今回は日大三の攻守の要日置航選手を紹介したいと思います。


「日置航選手のプロフィール」

本名:日置 航  ひおき わたる
生年月日:2000年 6月16日 (17歳)
出身地:長野県上田市
身長:176cm
体重:78kg
ポジション:遊撃手
右投右打
清明小(上田南リトル)→上田二中(上田南シニア)→日大三高

 

スポンサーリンク

 


日置航選手はドラフト候補?


日置選手は今の段階で今年のドラフトでは中位指名〜下位指名予想』だと思います。
まだスカウト評価のコメントはないですが、

選抜で活躍すればスカウトのコメントも出るでしょうね。

高校生の中では攻走守揃っている選手で、

素材・将来性としても良く、各球団の指名リストには必ず入っていると思います。
高校生のショートを獲得して、

じっくりと2軍で育成したい球団も多いと思います。

選抜、これからの大会次第では上位指名の可能性もあるので、またドラフト前に更新したいと思います!

 

日置航選手のこれまでの成績では?

日大三高では1年の秋から遊撃手としてレギュラーの座を掴みます。
2年春の選抜では6番・遊撃手で出場するも、

4打数0安打と活躍できず、チームも5-12で初戦敗退。
2年春季大会では34打数13安打、本塁打5の活躍をし、

東京都準優勝、また関東大会ベスト4に導きます。

2年夏は西大会ベスト8で敗退でしたが、新チームでは主将を任され、

2年秋の東京大会では3番・遊撃手として36打数16安打 打率.444 打点9と大活躍で、

7年ぶりに東京大会優勝に導きました。

17年 春 選抜
1試合 4打数0安打 打率.000

17年 秋 公式戦
9試合 36打数16安打 打率.444
本塁打0 打点9 三振0 四死球4 盗塁1
出塁率.500 長打率.566 OPS1.066

17年 秋 全試合
29試合 112打数45安打 打率.402
本塁打0 打点34 三振5 四死球14 盗塁4
出塁率.468 長打率.536 OPS1.004

スポンサーリンク



日置航選手の打撃.走塁.守備の評価は?

 


日置選手のバッティングは左右に打ち分ける右の巧打者タイプです。
元々長打を狙うタイプではなく、

ヒットの延長が長打やホームランになるタイプ。
ただコンパクトに振り切るスイングですが、

1大会で5本塁打を打つパワーはあります。
打撃フォームはバットを低く構え、

足をほぼ上げず、すり足気味でステップします。
高校通算本塁打11本。

日置選手の走塁は50m6秒0と結構速いです。
盗塁を量産するタイプではないですが、

プロで走塁を磨けば盗塁数も増えそうです。
1塁到達タイム4.3秒台〜4.4秒前後。

日置選手の守備は秋の公式戦9試合1失策、秋の全試合29試合4失策。
フットワークが良く、

球際に強くて守備範囲も広いです。
遠投110mと肩も強い。



日置航選手のルーティンは?

日置選手はこれまで「考えてしまう」という性格ゆえに、打撃不振に陥ることがありました。
それを解消するために、

打席に入る前にゆっくりと素振りをして心を落ち着かせるというルーティンをしてからは、

好調が続いているみたいです。

選抜ではゆっくりと素振りをしているルーティンにも注目したいですね!


清宮選手との対戦について

日置選手はリトル時代の日本選手権で、

清宮選手率いる東京北砂と対戦し、敗れています。
その時に、清宮選手の打球の飛距離と迫力に圧倒されたみたいですね。
その試合で早実と同じ西東京の強豪校に進み、清宮さんと対決したい。と思い、

日大三高を選ぶきっかけの1つとなったそうです。

日置選手は1年の秋の都大会決勝で清宮選手がいる早実に敗れ、

自身も5打数無安打に抑えられた過去もあり、プロでもお互い切磋琢磨してほしいですね。


日置航選手のまとめ

日大三高の攻守の要の日置航選手。
日大三高の小倉監督もキーマンは攻守で日置が中心ですと答えています。
それだけ監督も信頼しているのでしょうね。
17年春の選抜では4打数0安打と悔しい思いをしたと思うので、

今年の選抜ではその悔しさを晴らしてほしいと思います!
選抜では大活躍を期待しています!
頑張れ!日置航選手!

それでは日置航選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク