皆さんこんにちは。
本日は選抜注目選手の紹介第10弾です。
選抜では記事で紹介した選手が活躍しているので嬉しくなりますね!
今回は智弁和歌山の大型スラッガー林晃汰選手を紹介したいと思います。

「林晃汰選手のプロフィール」

本名:林 晃汰 はやし こうた
生年月日:2000年 11月16日 (17歳)
出身地:和歌山県岩出市
身長:180cm
体重:90kg
ポジション:三塁手
右投げ左打ち
岩出小→岩出中(紀州ボーイズ)→智辯和歌山

スポンサーリンク

 

林晃汰選手はドラフト候補?

林選手は今の段階で今年のドラフトでは上位指名〜中位指名予想だと思います。
三塁手の長距離砲はプロでも希少なので、

林選手を指名したいと考えている球団は多いのではないでしょうか。
将来的には4番も打てる逸材・素材だと思います。
ただ林選手は怪我が多いので、

怪我のリスクを考えて順位も変わる可能性はあるでしょうね。

選抜、これからの大会次第でまたスカウト評価も変わると思うので、

またドラフト前に更新したいと思います。

林晃汰選手は怪我・故障が多い?

林選手は過去に肋骨、腰、右肘の故障歴があります。
特に持病の右肘の怪我が多く、心配ですね。
2年夏の甲子園・2回戦(大阪桐蔭戦)では右肘痛でスタメンを外れ、

甲子園終了後に右肘疲労骨折と診断され、手術を行っています。
右肘の手術の影響で昨秋の試合を全て欠場しましたが、去年12月から少しずつ練習に復帰し、

今はもう右肘は完治しているそうです。

これからも怪我・故障に気を付けてほしいですね!

林晃汰選手のスカウト評価は?

林選手のスカウト評価(コメント)を紹介したいと思います。

広島・鞘師スカウト 18/3/15
「スイングが早い。(高校)日本代表の4番になれる。ドラフト上位候補でしょう。」

阪神・畑山俊二チーフアマスカウト 18/2/15
「(甲子園での一発について)左打者で、あそこまで打ち込むのは大したもの。

タイプ的には筒香(DeNA)のイメージかな。スケールが大きい」

スポンサーリンク

 

林晃汰選手のこれまでの成績は?

智弁和歌山では1年の春から17番でベンチ入りし、

近畿大会全2試合に6番・三塁手として出場します。
初戦で左中間を破る2塁打など2安打を記録。

1年夏の予選では5番・三塁手として出場すると、

3回戦では紀三井寺球場の右中間深部に飛び込む2ランホームランを打ちます。

1年秋の新チーム後には3番・三塁手としてチームを支え、

和歌山県大会3位&近畿大会進出を果たします。
近畿大会では1回戦(滋賀学園戦)で負けたものの、1回に右翼場外ソロ、3回に中堅右場外2ラン、

6回に右中間を破る2点二塁打3長打5打点と持ち前の長打力を存分に披露します。

翌2年夏の甲子園では1回戦・興南戦(沖縄)で左中間2ランを記録しますが、

同試合で右肘痛が再発し、2回戦・大阪桐蔭戦(大阪)でスタメンを外れ、代打出場で中前打を記録します。

それ以降は右肘疲労骨折の手術の影響で公式戦は出場なしです。

17年 夏 甲子園
2試合 4打数2安打 打率.500
本塁打1 打点3 三振1 四死球1 盗塁0
出塁率.600 長打率1.250 OPS1.850

林晃汰選手の打撃.走塁.守備の評価は?

 

林選手のバッティングは力強く振り切るスイングから長打力が期待できる左のスラッガーです。
ミート重視でも飛距離が出る長距離型。
反対方向にも長打・ホームランを打てる。
足をあげて打ちにいくタイミングが森友哉選手(西武)に似ている。
高校通算本塁打33本。

林選手の走塁は50m6秒7と遅いです。
盗塁など、走塁面はあまり期待しないほうがいいです。

林選手の守備は普通です。
スローイングも結構良く、肩もそこそこ強いのですが、

右肘の怪我が心配なので、完治してるとはいえ少し不安ですね。
遠投100m。

林晃汰選手のまとめ

選抜大会屈指のスラッガー林晃汰選手。
智弁和歌山の名将・高嶋監督は

「長打力は(智弁和歌山の歴代でも1.2位」と大きな期待を林選手に寄せています。
林選手自身は「大阪桐蔭を倒すのが優勝と一緒ぐらいの目標」と語っており、

打倒大阪桐蔭に燃えていますね!
選抜ではホームランを期待したいと思います!
怪我に気を付けて頑張れ!林晃汰選手!

それでは林晃汰選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク