皆さんこんばんは。

阪神の榎田大樹選手が西武にトレードされたのは驚きました。

トレードされた理由や球団の思惑を調べていきましょう。

〇榎田大樹選手のプロフィール〇

榎田 大樹(えのきだ だいき)
出身地 鹿児島県曽於郡大崎町
生年月日 1986年8月7日(31歳)
身長 181 cm
体重 88 kg
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2010年 ドラフト1位
初出場 2011年4月16日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
小林西高等学校
福岡大学
東京ガス
阪神タイガース (2011 – 2018)
埼玉西武ライオンズ (2018 – )

出典:Wikipediaより

スポンサーリンク

榎田⇔岡本トレードされた理由は?

 

2018年の3月のオフ中に二人のトレードは決定しました。

榎田選手は1軍での登板機会が減っていたので、そろそろって雰囲気はでていました。

阪神・榎田大樹投手(31)と西武・岡本洋介投手(32)のトレードが14日、両球団から発表された。西宮市内の球団事務所で会見した榎田は新天地での活躍を宣言。

出典:サンスポより

榎田選手をトレードに出した阪神としては、

あきらかに中継ぎが充実しているからってのはあるでしょう。

マテオ、藤川、高橋聡、岩崎、石崎、桑原、モレノ

左右となかなか揃っています。

榎田選手が阪神で登板機会が巡ってこないのも頷けますね・・・・

西武は以前から榎田選手をマークしていたそうです。

左の先発が補強ポイントのようですが、

榎田選手は中継ぎでしか使えないような気がします。

一時期は先発もしていましたが・・・・

左の中継ぎに榎田選手を加えて、

今いる中継ぎ左腕を先発に配置転換するのかもしれません。

左腕の武隈投手を先発にするのでは?

って声がありますね。

阪神が岡本選手を獲得したのは先発の駒を少しでも増やそうってことでしょう。

去年は先発で気を吐いたのはメッセンジャー投手だけだった気がするので。

どちらにしろ、両選手が活躍してくれることを望みます。

スポンサーリンク

榎田選手の弟、宏樹さんは社会人野球のエース?

 阪神・榎田大樹投手(29)が、実弟で日本新薬のエースを務める宏樹(26)の活躍に声を弾ませた。

13日に決勝戦が行われた社会人野球・東京スポニチ大会で日本新薬が優勝し、登板した2試合で2完封を記録した宏樹が最高殊勲選手賞に輝き「良かったですね。電話で“おめでとう”と伝えました」と笑顔を浮かべた。

出典:スポニチより

少し古い2016年の情報ですが、

榎田選手の弟さんも社会人で投手をされています。

しかもエースだったんですね。

兄弟揃って投手とはすごいですね。

年俸について

先発として投げていたときは4,000万円ほどありましたが、

現在の年俸は2,700万円とされています。

中継ぎとなり、登板機会も減ってきていましたので、

下がっていくのは仕方ないですね。

そう思うとプロは個人事業主。

活躍してなんぼって思いますね。

厳しい世界。

榎田大樹選手のまとめ

西武にトレードされた榎田選手。

阪神ではチャンスが減っていただけに、

西武では1軍に定着してほしいですね。

少し寂しい気持ちもありますが、

トレードされた両選手が新しいチームで活躍することを期待しています。

スポンサーリンク