皆さんこんにちは。
本日は選抜注目選手の紹介第15弾です。
今回は松山聖陵の大型右腕土居豪人投手の紹介をしたいと思います。

「土居豪人投手のプロフィール」

本名:土居 豪人 どい ひでと
生年月日:2000年 4月2日 (17歳)
出身地:愛媛県宇和島市
身長:190cm
体重:80kg
ポジション:投手
右投げ右打ち
城東中(軟式野球部)→聖カタリナ高→松山聖陵高

スポンサーリンク

土居豪人投手はドラフト候補?

土居投手は今の段階で今年のドラフトでは下位指名予想だと思います。
190cmの高身長ですが、体重が80kgとまだ体の線が細いので、素材型ですね。
体重が増え、体ができたら球速も上がると思うので、将来性のある選手だと思います。
ドラフト下位で指名して、2軍でじっくりと育成したい球団が多いのではないでしょうか。

選抜、これからの大会次第でまたスカウト評価も変わると思うので、また更新したいと思います。

土居豪人投手は聖カタリナ高校からの転校生?

土居投手は宇和島城東中から聖カタリナ学園高に進学したのですが、

1年の夏に同じ愛媛県の松山聖陵高に転校しました。
土居投手は転校生なので、転入後の1年間の対外試合が解禁となった昨年8月の新人戦からエースナンバーを背負いました。

転校理由は明らかにしてないのですが、今は対外試合が解禁され、公式戦にも出場できるようになり、

野球をやっていて楽しくて仕方がないでしょうね!

スポンサーリンク

土居豪人投手のこれまでの成績は?

土居投手は聖カタリナ入学後の1年夏に松山聖陵高へ転向。

1年間の出場禁止期間を終えた2年秋からエースとして愛媛県大会優勝&四国大会8強に導きます。
全7試合(先発6.救援1)に登板し、

計60回45四死球20失点の粘投を披露します。
※県大会決勝・西条高校戦で9回1安打8奪三振1失点(自責点0)の完投勝利をマーク。
四国大会初戦2回戦・大手前高松高戦で9回3安打9四死球6失点の完投勝利を収める。

17年 秋 公式戦
6試合 60回 被安打30 奪三振34 四死球45
自責点12 防御率1.80

17年 秋 全試合
15試合 90回 被安打60 奪三振55 四死球63
自責点32 防御率3.20
※被安打率6.00 奪三振率5.50 与四死球率6.30

土居豪人投手の球速.制球.変化球の球種は?

土居投手の最高球速は144キロです。
グローブを少し上に構えるセットポジションで190cmの長身から投げ下ろすしなやかな投球フォーム。

土居投手の変化球の球種はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク』です。
角度のあるストレートを中心に、落差のある緩いカーブ、チェンジアップを上手く使う。

土居投手のコントロールは課題の1つです。
秋の全試合の与四死球率も15試合90回を与四死球63.与四死球率6.30と数字も高いです。
1試合で四死球6つ以上出す計算になるので、

安定した投球をする為に、もっと与四死球率を下げたいですね。

土居豪人投手のスカウト評価は?

土居投手のスカウト評価(コメント)を紹介したいと思います。

プロスカウト 17/11/27
「2年秋の時点で比べれば、アドゥワより上。ひと冬越えてどれだけ成長するか楽しみ」

スカウトの方もドラフトまでにどれだけ成長するか楽しみにしていますね。
しっかりと下半身を作って、課題の制球力を良くしたいところですね!

土居豪人投手のまとめ

松山聖陵の大型右腕の土居豪人投手。
土居投手は長身に加え、

フォームも似ていることから広島のアドゥワ投手と比べられることが多いそうです。
松山聖陵の荷川取秀明監督も「似たタイプ。同じように育ってくれれば」と期待を寄せています。
土居投手も

「アドゥワさんはピッチングだけではなく、フィールディングもうまかった。

自分もプロを目指しているので、成長したい。」と語り、

下半身を鍛えて夏までに球速150キロを目標としています。
選抜での活躍とこれからの成長に期待したいと思います!
頑張れ!土居豪人投手!

それでは土居豪人投手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク