皆さんこんにちは。
本日は選抜注目選手の紹介第14弾です。
今回は三重の本格派右腕定本拓真投手の紹介をしたいと思います。

「定本拓真投手のプロフィール」

本名:定本 拓真 さだもと たくま
生年月日:2000年 8月5日 (17歳)
出身地:大阪府八尾市
身長:181cm
体重:85kg
ポジション:投手
右投げ左打ち
大正北小→大正中(八尾ボーイズ)→三重高

スポンサーリンク

定本拓真投手はドラフト候補?

定本投手は今の段階で今年のドラフトでは下位指名予想だと思います。
昨夏の県予選から昨秋の東海大会まで不調が続き、少し不安ですが、

今は不調から脱却しているみたいなので、これからの登板が楽しみですね。
今年の高卒投手のドラフト候補でMAX150キロを投げる投手は少ないので、

定本投手は貴重な投手ではないでしょうか。
ドラフト指名を確実にする為には、

まず選抜で復活をアピールすることでしょうね。

選抜、これからの大会次第でまたスカウト評価も変わると思うので、

また更新したいと思います。

定本拓真投手のスカウト評価は?

定本投手のスカウト評価(コメント)を紹介したいと思います。

広島スカウト 18/1/29
「昨年の試合を見ていたが、今年は見違えるようによくなっていて、びっくりした」

広島のスカウトのコメントを見ると、定本投手は不調から脱却し、さらにパワーアップした感じに読み取れますね。

定本拓真投手のこれまでの成績は?

定本投手は三重高校で1年春から控え投手としてベンチ入りします。
同年夏の三重県大会はベンチ外でしたが、

1年秋から再び控え投手を務めます。
東海大会では3試合に中継ぎとして登板し、

計5回.5安打.5奪三振.3四死球.4失点を記録します。

翌2年春の県大会後に下半身強化を行い、最速145キロを記録。
2年夏にはエースとして、

4試合 20.2回 14奪三振 7失点の力投を披露し、

県大会準優勝に輝きます。

同年秋には主将・背番号1として三重県大会優勝・東海大会ベスト4入りを果たします。
定本投手は不調に陥り、実質2番手投手として5試合に登板し、

16.1回 11失点を記録。
県大会準決勝・四工戦で6回1安打9奪三振.無失点と好投しました。

17年 秋 公式戦
5試合 16.1回 被安打17 奪三振16 四死球10
自責点10 防御率5.51

17年 秋 全試合
19試合 65回 被安打47 奪三振49 四死球37
自責点30 防御率4.15※被安打率6.51 奪三振率6.78 与四死球率5.12

スポンサーリンク

定本拓真投手の球速.制球.変化球の球種はは?

定本投手の最高球速は150キロです。
投球フォームはオーバースロー。
足を高く上げ、溜めを作り、上体を傾けて少し早めに着地し、上から投げ下ろす。

定本投手の変化球の球種はスライダー、カーブ、フォーク、ツーシームです。
威力のあるストレートを中心に縦のスライダーと110キロ前後のカーブを上手く使う。

定本投手のコントロールは課題の1つです。
秋の全試合の与四死球率も19試合65回を与四死球37.与四死球率5.12と数字も高いです。
1試合で四死球5つ出す計算になるので、もう少し与四死球率を低くしたいですね。

定本拓真投手の不調の原因は?

定本投手は昨夏から昨秋まで不調が続いていました。
不調の原因はというと投球フォームを崩したそうです。

不調から脱却する為に、2年冬に走りこんで、体を作り直したそうです。
定本投手は「体幹を鍛えてフォームが戻った。直球の伸び、球威が増した」と語っています。

体を作り直した結果、今年に入って最速150キロを計測し、

日本ハムや広島のスカウト陣がチェックしに来ています。

不調から脱却した定本投手は本当に楽しみですね!

定本拓真投手のまとめ

三重高校の本格派右腕の定本拓真投手。
不調に陥り、苦しい時期も経験しましたが、

今は更にレベルアップしているので楽しみですね。
選抜では背番号10をつけるので、登板機会があるかわからないですが、

もし登板機会があれば本当に楽しみですね。
選抜ではレベルアップした投球を期待しています!
頑張れ!定本拓真投手!

それでは定本拓真投手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク