皆さんこんにちは。
本日は広島東洋カープの不動の3番センター丸佳浩選手の怪我の状態や近況について調べてみました。

「丸佳浩選手のプロフィール」

本名: 丸 佳浩 まる よしひろ
生年月日:1989年 4月11日 (29歳)
出身地:千葉県勝浦市
身長:177cm
体重:90kg
ポジション:外野手(中堅手)
右投左打
2007年 高校生ドラフト3位
年俸:2億1,000万円 (2018年)
経歴:
・千葉経済大学附属高校
・広島東洋カープ

スポンサーリンク

丸佳浩選手の怪我の状態は?

丸選手は4月28日の阪神戦で大山選手が打った飛球をダイビングキャッチをした際に、

右太もも裏を痛めて負傷交代しました。
試合中に広島市内の病院で診察した結果「右太もも裏の筋挫傷」と診断され、

翌29日に登録抹消されましたね。

※筋挫傷とは
挫傷とは鈍的な外力(打撲)により、皮下組織や筋肉、腱などに損傷が生じるものです。
そのうち筋肉に損傷を受けたものを筋挫傷と呼びます。

筋挫傷は軽い怪我と思っていましたが、

一般的に全治1ヶ月ほどかかるみたいですね。

4月30日に丸選手は「歩く分には支障がない。」と発言しており、

また「復帰は早いほうがいいけど、再発したら良くない。

故障した箇所を含め、体全体をリセットできるように時間を有効に使いたい」と話しており、

焦らずにしっかりと治すようなので良かったです。

5月17日の段階で軽いジョギングやキャッチボール、マシン打撃ができるまで回復しているようなので、

少し安心ですね!

スポンサーリンク

復帰はいつ?復帰時期の詳細!

丸選手の復帰時期についてですが、

5月下旬に始まる交流戦で復帰を目指しているようです。

上記で書いたように全治1ヶ月ほどかかり、

また5月17日の段階では順調にリハビリやトレーニングができるまで回復していることを考えると、

首脳陣は交流戦中には復帰できると考えているでしょうね。

福永3軍チーフトレーナーは

「順調に来ているが、これからも焦ることなく患部の状態を見ながらトレーニング内容を決めていく」

と話していますね。
打撃は問題ないみたいですが、

まだ軽いジョギングができる程度なので、

走ることに慎重になっているみたいです。
これから加速走などのステップを踏み、

全力で走れるようになればスパイクを履いた動きに進む予定だそうです。

ただ1つ心配なのが、

緒方監督が「今すぐにでも代打で使いたい。ゆっくり調整させる時間は与えない。下で走れたらあげる。」

「交流戦までには絶対間に合わせる。」と冗談だといいですが、

少し焦ってるのが心配ですね。
冗談ではなかったらトレーナーさんがしっかりと止めてあげてくださいね(笑)

 

追記

丸選手が今日(5/25)、1軍に復帰しましたね!

2軍で試合に出場せず実戦感覚が心配ですが、交流戦始まるまでは代打待機、交流戦ではDHでの起用になりそうですね。

 

個人的には2軍で試合に出して、しっかりと守備も就けるようになってから1軍昇格でもよかったのではないかと思います…。

怪我の再発が心配ですね。

実戦感覚が戻るまでは無理しない程度で頑張ってほしいですね!

 

丸佳浩選手のFAについて

丸選手は今シーズン中に国内FA権取得予定ですが、

ネットでは色々と書かれていますね。
「小さい頃は巨人ファンだったから絶対に巨人!」「地元のロッテでしょ!」など…。

これからもっと色々と噂をネットで書かれるでしょうね。

そりゃ正直、走攻守揃っている選手ですからどこの球団でも丸選手は欲しいと思いますね。
でも個人的には丸選手はずっと広島にいてほしいですね!

広島ファンの方が安心できるようにシーズン中にでも前もって交渉して、

契約延長を発表してほしいですね。
広島球団さんは丸選手に他球団に負けないぐらいの好条件を提示してほしいと思います!

丸佳浩選手のまとめ

今シーズンも打率.312 本塁打5 打点16 OPS10.76と好調をキープしていた丸佳浩選手。
右太もも裏の筋挫傷で離脱しましたが、

しっかりと治して復帰してほしいですね。
やっぱり丸選手がいるのといないのとでは全然違うと思うので、

広島ファンは復帰が待ち遠しいでしょうね。
しっかりと治して、また大活躍する姿を期待したいと思います!
頑張れ!丸佳浩選手!

それでは丸佳浩選手の紹介をこれで終わりにします。
最後までありがとうございました。

スポンサーリンク