お久しぶりです。

野球オタクです。

少しの間お休みをいただいておりましたが、また記事を更新していきたいと思います。

日米野球が盛り上がっていますね。

メジャーのスター選手やスター候補の若い選手がたくさん来日しているので、

毎日がとても楽しみです。

侍ジャパンも素晴らしいメンバーで試合をしていますね。

その中で特に気になったのは最年少メジャーリーガーのフアン・ソト選手。

スポンサーリンク

 

 

プロフィールや所属チームでの成績を紹介。

簡単にプロフィールをご紹介します。

フアン・ソト
Juan Soto
ワシントン・ナショナルズ #22
国籍 ドミニカ共和国
出身地 サントドミンゴ
生年月日 1998年10月25日(20歳)
身長 6′ 1″ =約185.4 cm
体重185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2015年 アマチュアFA
初出場 2018年5月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
ワシントン・ナショナルズ (2018 – )

出典:Wikipediaより

若い!

とりあえず若い選手です。今年でやっと20歳。

信じられない打撃センスとパワーを持っていますね。

MLBの2018年のシーズンは

116試合 .292 22本 70打点 出塁率.406 OPS.923

と打撃に関しては素晴らしいセンスを持っています。

メジャーの新人&この若さでこの成績とは末恐ろしすぎますね。

守備と走塁に関してはまだ練習中のようです笑

将来のスター選手として注目が集まっています。

ナショナルズのスーパースター

ブライス・ハーパーの様になれる可能性が大いにありますね。

東京ドームで2回天井直撃!?

私が一番驚いたのはその恐るべきパワー。

スイングスピードとボールへの力の伝え方が抜群にいいのでしょう。

東京ドームの天井に2度直撃させています。

こんな選手は日本ではなかなか見れないでしょう。

二回目の天井直撃なんて完全にホームランでした。

フェンス直前の天井に当たってライトフライでしたから。

天井がなければどこまで飛んでいたか分からないですね。

飛びすぎ!あんなの見たことない!

いつぞやのデビッド・オルティス選手を思い出しました。

看板を超えて東京ドームのナイター照明付近に直撃していました・・・・笑

まとめ

メジャーはやはり面白いww

 

ベースボールの楽しさが伝わってくる!

毎年のように若手でスター候補の有望選手が出てきます。

その中の一人が大谷選手でもあります。

いろんな国からいろんな選手が集まってくる。

これからソト選手もどんな活躍をするのか。

将来が本当に楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク